日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 女性のための「医療・健康」の話  > 睡眠検査で睡眠時無呼吸症候群と判明!
印刷

女性のための「医療・健康」の話

睡眠検査で睡眠時無呼吸症候群と判明!

睡眠検査体験で分かった驚愕の事実! あなたの眠りは大丈夫?

 塚越小枝子

猛暑が過ぎ、涼しくなる秋は1年のうちでも最も眠りやすい季節といわれます。とはいえ、何かと多忙で、過ごしやすい秋の夜長はついつい夜更かししてしまいがち、という人も多いもの。10月10日は「ふとんの日」ということで、日経ウーマンオンライン編集部のOとライターのTが日頃の睡眠をチェックしてみました。

数十項目のデータが一度に測定できる最新の機器で睡眠の傾向をチェック

 普段はわからない、睡眠中の体の状態がチェックできると聞いて訪れたのは「RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック」。2013年6月から、最新の睡眠脳波検査器Alice6を日本で初めて導入した施設です。

 どんな検査をするんだろうと、ちょっとドキドキしながら待っていると、早速、検査室に通され、計測の準備。

 9つある検査室はとてもきれいで、各室エアコン、シャワー室とアメニティ、サイドデスクを備えています。まるでホテルみたい。抗菌羽毛ふとんと傾斜角度がつけられるベッド、5mm単位で高さ調節が可能な枕まで、極力、自宅と同じような寝やすい環境に近づけるよう配慮が行き届いています。

 通常、19時までに受付して、シャワー等の準備をし、21時頃から夜間(もしくは状況に応じて日中)、睡眠中の脳波を6時間以上計測して解析を行います。「出張のついでにビジネスホテル代わりに泊まって検査をされる方もいますよ」と院長の白濱龍太郎先生が話してくれました。

 着替えを済ませた後、いよいよ計測器を取り付けます。頭部から脳波を測定するだけでなく、最大で50カ所に電極を取り付け、一度に数十項目のさまざまなデータが測定できるのがAlice6の特徴。細かい点まで評価ができるようになって、従来より格段に解析しやすくなったそうです。検査技師さんが慣れた手つきで付けてくれるものの、項目が多いので20~30分かかります。

脳波、心電図、血中酸素飽和度のほか、胸とおなかにバンドを取り付け、動きをチェック。手足や顔にも電極を取り付けて表情筋や眼球の動き、呼吸などもチェックします。検査の費用は保険適用で2万8千円前後とのこと。
指に巻き付けたセンサーから血中酸素飽和度を調べます。
[画像のクリックで拡大表示]
足にも電極を取り付けて、覚醒反応の一つである「脚動」をチェック。むずむず脚症候群が見つかることもあります。
[画像のクリックで拡大表示]

 「それでは、おやすみなさい」。

 照明を消して真っ暗にし、就寝。「……なんだか、普段と違う場所だし、いろいろくっついて少し寝にくいかも」と思いつつ、ウトウトと眠りに入りました。途中、何度か目が覚めて寝返りを打ったり、夢を見ていたのを自覚しつつ、寝るだけで検査は終了。うーん。やっぱりいつもより眠りが浅かったみたい。

 「検査装置をつけて寝ているために目が覚める回数が増えるという面もありますので、結果は中途覚醒の回数を1割減らして考えるとよいと思います。しかし、そういったバイアスを考慮しても、もともとの睡眠の傾向は、ある程度わかります」(白濱院長)。

計測されたデータが転送され、解析室のモニタに映し出されるしくみ。室内の様子もビデオカメラで映されているので、何かあればすぐに駆けつけてくれます。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.