日経グッデイ

女性のための「医療・健康」の話

美腸と美肌をつくるコツ

加齢と共に大幅に減少してしまうビフィズス菌、その減少を防ぐには?

腸内環境の悪化は不美人のもと!

 便秘の人は、腸内環境が悪化している。便秘だから腸内環境が悪化することもあるし、腸内環境が悪いから便秘になる場合もある。

 腸には100兆個ともいわれる菌が住み着いていて、乳酸菌、ビフィズス菌に代表される善玉菌と、ウォルシュ菌、大腸菌に代表される悪玉菌が存在する。「腸内環境はこのバランスによって決まります。慢性的に便秘が続いている人の腸では、ビフィズス菌がかなり減少しています」と話すのは、藤女子大学人間生活学部食物栄養学科教授の池田隆幸先生。具体的には、その数は健康な人の約10の1まで減少しているという。

[画像のクリックで拡大表示]

ビフィズス菌が美肌をつくる!

 健康で、美しい肌を保つためには、悪玉菌は少なく、善玉菌が多い腸内環境を維持する必要がある。善玉菌のひとつであるビフィズス菌は、美肌に欠かせないビタミンB群を産生する。さらにビフィズス菌は美容に効果的とされるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収を促進する働きもある。

 いいことだらけのビフィズス菌だが、腸内のビフィズス菌の量は、乳児のときに最も多く、加齢と共に大幅に減少してしまうことが知られている。とはいえ、ビフィズス菌の割合には個人差があるのも事実。「ビフィズス菌が減る主な原因は、加齢、ストレス、偏食(食物繊維不足)、運動不足、便秘。食事や運動など生活習慣を見直すことで、ビフィズス菌の減少をある程度、防ぐことが可能です」と池田先生は話す。

[画像のクリックで拡大表示]

美腸と美肌をつくるには

オリゴ糖や食物繊維の多い野菜を意識して食べることで善玉菌が住みやすい腸内環境を作る。(© goodluz-123rf)

 では、ビフィズス菌を増やすにはどうすればいいか。オリゴ糖や食物繊維の多い野菜を意識して食べることで善玉菌が住みやすい腸内環境を作ると共に、乳酸菌を多く含む発酵食品、ビフィズス菌入りの食品を外から補えば、腸内環境はさらによい状態に改善される。

 「ビフィズス菌にはたくさん種類があります。現在、47種類のビフィズス菌が見つかっており、人の腸内で検出されるのはそのうち10種類程度。種類によって性質や機能が異なります」と池田先生。

 いくつかのビフィズス菌がヨーグルトなどとして市販されている。こうしたものも利用しつつ、腸内環境の改善で美腸=美肌を目指してみてはいかがだろうか。

美腸(腸内環境改善)のポイント
  1. 食事でオリゴ糖、食物繊維を意識して取る
  2. 乳酸菌やビフィズス菌など足りない善玉菌を食べて補う
  3. 適度な運動をする
  4. ストレスを溜めない

(文=伊藤左知子)

日経ウーマンオンライン2013年12月10日付け記事からの転載です。