日経グッデイ

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

目がかすむ、ないはずの浮遊物が見える、視野が欠けるなど「見え方がおかしいな」と感じたら目の病気のサインかもしれない。40歳前後は老眼が始まり、ドライアイのリスクも高まる時期。「見え方の異変」に、どんな不調や病気が隠れているかを紹介する。

遠視の人は早めの老眼に注意

角膜・水晶体の屈折力で眼のピントが合う
[画像のクリックで拡大表示]

 「加齢に伴い、見え方に異変が起きやすくなる。ただの疲れ目だと思っていたかすみ目に、白内障や緑内障が隠れていることも。これまで視力に問題がなかった人でも、40歳前後からは注意が必要」と杏林大学医学部眼科学教室の山田昌和教授は話す。

 近視や遠視が見え方の異変に関係することもある。「近くが見えにくくなる老眼は、ピント調節機能の衰えが原因。誰にでも起きるが、特に遠視では早く老眼になりやすい。もともと遠くも近くも見えにくいのが遠視。ピント調節機能の衰えという負荷が加わることで、一層近くが見えづらくなる」とみさき眼科クリニックの石岡みさき院長。


強度近視の人は目の病気になりやすい

 一方、視力0.1以下の強度近視の人は「もともと目が弱い傾向にあり、白内障や緑内障を起こしやすい。さらに網膜剥離(もうまくはくり)のリスクも高い。近視の場合、眼球の奥行が長く、卵のような形をしているため網膜が引き伸ばされて薄くなる。その部分に穴が開きやすいうえ、血液循環が悪くなりがちなことも影響する」と山田教授。

 人の目は遠くを見るのが自然なようにできており、近くを見るときは毛様体筋がぎゅっと縮んで水晶体を厚くし、ピント調節をする。近くを見ることが多い現代生活では、いつも毛様体筋が緊張しているので目が疲れやすい。加えて、昨今はデジタル機器の操作が原因のドライアイや眼精疲労も急増している。「放置すると、頭痛や肩こりといった全身症状が出たり、目に違和感があることでQOLが下がるのも問題」と石岡院長。

 見え方がおかしいと感じたら一度眼科でチェックを。病気の早期発見にもつながる。

図1◎ 見え方の異常に関するチェックリスト
見え方の異常に関するチェックリスト
[画像のクリックで拡大表示]

ゴミが見える、像がぼやける…加齢による透明組織の濁りが原因かも

 「飛蚊症(ひぶんしょう)」も「白内障」も加齢が原因で誰にでも起こる。飛蚊症は硝子体の濁りが原因。ただ、「まれに網膜剥離の前兆の場合があるので、飛蚊症を自覚したら検査を受けて」(石岡院長)。

 白内障は、水晶体の濁りによって視野全体がぼやける。「高齢者の病気と思われがちだが、水晶体は40代から濁り始め、50代で目がかすんでくる場合もある」(石岡院長)。

黒い小さな虫が飛んで見える:飛蚊症

  • 黒いゴミのようなものが見える
  • 視線を動かすと黒い点も一緒に動く
飛蚊症

【原因】小虫や糸くずのような“浮遊物”の正体は、硝子体と呼ばれる眼球内の透明なゼリー状のものに生じた濁り。それが網膜に影として映り、視線の動きとともに揺れ動いて見える。加齢原因の場合は治療の必要はなく、その見え方に慣れるしかない。ただし突然表れた飛蚊症は、網膜に穴が開く網膜裂孔や網膜剥離など重篤な病気の前兆の場合がある。

【治療】硝子体の老化に伴うものなので病気ではなく、治療法はない。とはいえ網膜剥離の可能性を除外するため、必ず眼科の受診を。

40代から発症する人も:白内障

  • 目がかすむ、ぼやける
  • 光がまぶしく感じる
白内障

【原因】水晶体は、カメラのレンズのようなもので、本来は透明で光をよく通す。白内障はこの水晶体が濁ることで、光が乱反射したり、うまく透過できなくなり、網膜にはっきりと像を映し出せなくなる。それによって物がかすんだり、ぼやけたりする。屋外での作業やスポーツなどで紫外線を多く浴びている人がなりやすい。UVカットサングラスなどで予防を。

【治療】初期なら点眼薬で進行を遅らせる。進行し視力回復が必要な状態なら、濁った水晶体を人工レンズに替える手術がある。最近は、日帰り手術も可能だ。

チカチカまぶしい、見えにくい…目の酷使や乾燥が原因かも

 長時間のパソコン作業、コンタクトレンズの使用、エアコンの風などで目を守る涙の状態が不安定になると、ドライアイに。「特に40代以降の女性は涙の量が減少するためハイリスク。目の表面が傷つきやすくなり、最近の研究では不眠やうつとの関連も指摘されている」(山田教授)。

 ドライアイは疲れ目を併発していることが多い。疲れ目は軽視されがちだが、「疲れ目は病気」と山田教授は言う。パソコン画面からのブルーライトも疲れ目の要因だ。

 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)はまぶたの開閉に障害が出る。「まぶしい、目が乾くなどドライアイと似た症状もあり、紛らわしい」(山田教授)。

涙の量が減少して目が乾く:ドライアイ

  • 光を見るとまぶしい
  • 目がかゆい
ドライアイ

【原因】ソフトコンタクトレンズの使用、乾燥した環境、まばたきの回数減少で涙の量が減るなど、目が乾いて起きる。また、涙の質の低下も原因。涙は水分、油分、ムチンというたんぱく質の三層で構成されているが、このバランスが崩れると、目の表面に涙がたまりにくくなる。

シルマー検査
涙の量を調べる「シルマー検査」。下まぶたに試験紙をはさむ。水分が5mm以下の位置までならドライアイ。(写真提供/石岡院長)
[画像のクリックで拡大表示]

【治療】「ムコスタ」などのドライアイ用点眼薬で継続的に治療。オフィスではPCメガネをかけるのも有効。それだけで目の周囲の湿度が30~40%アップする。コンタクトは「乾きにくいシリコンハイドロゲル素材がお薦め」(石岡院長)。

ドライアイと思っていたらアレルギーであることも
アレルウォッチ検査
アレルウォッチ検査。試験紙を下まぶたの端にはさんで涙を吸わせ、涙中にアレルギー物質が出るかをチェック。(写真提供/石岡院長)
[画像のクリックで拡大表示]
 「ドライアイの症状を訴えて来院する人の中には、アレルギー性結膜炎の人も多い」と石岡院長。ドライアイと鑑別するため、角膜に傷がないか、目の表面を蛍光色素で染め出す検査やアレルウォッチ検査を行う。アレルギー性結膜炎なら、抗アレルギー点眼薬で治療。

全身症状に移行する:疲れ目(眼精疲労)

  • 長時間パソコン作業をする
  • 肩こりや頭痛もある

【原因】長時間のPC作業やスマホ操作など、近くを見続けることが大きな原因。ピント調節のために水晶体を支える毛様体筋が過度に緊張を強いられるためだ。LEDを使った液晶画面や照明から発するブルーライトも原因に。頭痛、肩こり、吐き気など全身症状が出ることも。

【治療】PC作業中は1時間に1回は遠くを見る。眼球を回すストレッチや目を温めることで、緊張した毛様体筋をほぐす。目薬はビタミンB入りのものがいい。

自由に目が開かない、まばたきが増える:眼瞼痙攣

  • まぶしく感じる
  • 目が開けづらい

【原因】まぶたが「ピクピク」けいれんするほか、まぶたが自然と閉じてしまうなど、まぶたの開閉に障害が起きる。症状は目に表れるが、原因は脳神経とされる。目が乾く、まぶしいなどドライアイと似た症状も出るが、ドライアイ治療では改善しない。

【治療】根治療法はないが、目周囲の筋肉の動きを制御するボトックス注射で、まぶたが閉じてしまう症状は緩和できる。1回の注射で2~4カ月間効果は持続。眼瞼の手術を行う方法も。

近くが見えにくい、ぼやける、目が疲れる:老眼の始まりかも

  • 夕方になると昼間に見えていたものが見えにくくなる
  • 小さな字が読みづらくなる
老眼

【原因】水晶体のピント調節能力が衰え、手元を遠ざけないと本が読みづらくなったり、薄暗いと近くが見えにくくなる。早い人で35歳ごろから始まる。疲れ目がひどくなり、頭痛や肩こりの原因にも。

【治療】根治療法はない。眼科で処方箋を出してもらい、メガネ専門店で自分の生活スタイルに合ったメガネを作り、ピント調節力の低下を補おう。

視野が欠ける場合は、失明につながる重篤な病気の可能性も

 眼圧の上昇などで視神経が障害される緑内障、眼球から網膜がはがれる網膜剥離は、視野が狭くなることが特徴。進行すると失明の恐れがある。

 「緑内障は、成人の失明原因の1位で、40歳以上の4~5%が発症する。初期には自覚症状がないため検診による早期発見が重要。緑内障、網膜剥離はともに強度近視の人が発症しやすいので注意して」(山田教授)。

 緑内障の場合、一度障害を受けた視神経は手術でも回復しない。

 一方、眼瞼下垂(がんけんかすい)は、加齢によってまぶたの筋肉がたるみ、上まぶたが下がることで視界が狭くなる病気。手術で治る。

まぶたの筋肉の老化が原因:眼瞼下垂

  • 上方の視野が狭くなる
  • 上まぶたが黒目にかかる
眼瞼下垂

【原因】まぶたを上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉が衰え、挙筋腱膜が伸びたり、瞼板から外れて上方の視野が狭くなったりまぶたが下がって、物が見えづらくなる。まぶたを無理に上げようとするので、額にシワが寄ったり眉毛が上がったり、肩が凝ることも。

【治療】挙筋腱膜と周囲の組織の結合を再構成する手術で治る。手術は眼科のほか、形成外科でも行われている。

エクステ、カラコン、目の周りのおしゃれアイテムは雑菌に注意
 人気のカラーコンタクトは選び方に注意を。「酸素透過性の低いカラコンで角膜を覆ってしまうと、酸素不足で、緑膿菌などに感染しやすくなる。フィッティングが悪いものは角膜を傷つけ、最悪の場合、失明することも。多少高価でも安心できる製品を選びたい」と石岡院長。また、「まつ毛のエクステの接着剤でアレルギーを起こしたり、目のキワのアイラインで、目に油分を供給するマイボーム腺がふさがれ、ドライアイになることも」と石岡院長。目に異常を感じたら、おしゃれアイテムも見直して。

視野が大きく欠ける:網膜剥離

  • 視野に閃光が見える
  • 幕がかかったように視野が欠ける
網膜剥離

【原因】網膜の薄い部分に穴が開いたり、老化で萎縮した硝子体に網膜が引っ張られて裂けたりして、その欠損部分からゼリー状の硝子体組織が入り込むことで、網膜がはがれる。網膜は像を映し出すスクリーンなので、穴が開いたり、はがれた部分の視野が、幕を下ろしたように欠けてくる。

【治療】網膜に穴があく網膜裂孔の段階なら多くの場合レーザーで治療が可能だが、網膜が剥離してしまうと要手術だ。視野欠損などがある場合、術後に視野が回復するかは重症度による。

40歳以降は眼底検査も必須
目に負担のない検査法も登場
 40歳前後は、目の病気のスタート地点。年に一度は検診を受けたい。特に緑内障は早期に発見できれば、薬物治療で進行を遅らせることができるので、眼圧と眼底検査は必須。検診メニューに含んでいないところもあるので、「眼圧と眼底検査を」と依頼を。検査時に負担の少ない機械も登場している。
網膜剥離の診断は点眼による散瞳検査が一般的だが、最近は点眼不要、レーザーでの眼底検査も可能。
[画像のクリックで拡大表示]
網膜や視神経の断面図を撮影できる光干渉断層計(OCT)により、初期の緑内障でも発見できる。
[画像のクリックで拡大表示]

40代の20人に1人が罹患:緑内障

  • 最近、視力が落ちた
  • 視界に見えない部分がある
緑内障

【原因】目の中には房水という液体がある。房水は毛様体で作られ、シュレム管から排出されるまで一定のルートで循環している。眼球の形状は、この房水の循環で発生する一定の圧力で保たれている。この圧力が「眼圧」だ。緑内障は眼圧が上昇し、視神経が障害されることで起きる。ただし、日本人には眼圧が正常範囲の正常眼圧緑内障も多く、早期発見には眼圧検査とともに眼底検査も必要。

【治療】眼圧のコントロールで進行を遅らせることが治療となる。症状により薬物療法、レーザー治療、手術が選択される。

(取材・文:海老根祐子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2014年12月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)