日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

目がかすむ、ないはずの浮遊物が見える、視野が欠けるなど「見え方がおかしいな」と感じたら目の病気のサインかもしれない。40歳前後は老眼が始まり、ドライアイのリスクも高まる時期。「見え方の異変」に、どんな不調や病気が隠れているかを紹介する。

遠視の人は早めの老眼に注意

角膜・水晶体の屈折力で眼のピントが合う
[画像のクリックで拡大表示]

 「加齢に伴い、見え方に異変が起きやすくなる。ただの疲れ目だと思っていたかすみ目に、白内障や緑内障が隠れていることも。これまで視力に問題がなかった人でも、40歳前後からは注意が必要」と杏林大学医学部眼科学教室の山田昌和教授は話す。

 近視や遠視が見え方の異変に関係することもある。「近くが見えにくくなる老眼は、ピント調節機能の衰えが原因。誰にでも起きるが、特に遠視では早く老眼になりやすい。もともと遠くも近くも見えにくいのが遠視。ピント調節機能の衰えという負荷が加わることで、一層近くが見えづらくなる」とみさき眼科クリニックの石岡みさき院長。


強度近視の人は目の病気になりやすい

 一方、視力0.1以下の強度近視の人は「もともと目が弱い傾向にあり、白内障や緑内障を起こしやすい。さらに網膜剥離(もうまくはくり)のリスクも高い。近視の場合、眼球の奥行が長く、卵のような形をしているため網膜が引き伸ばされて薄くなる。その部分に穴が開きやすいうえ、血液循環が悪くなりがちなことも影響する」と山田教授。

 人の目は遠くを見るのが自然なようにできており、近くを見るときは毛様体筋がぎゅっと縮んで水晶体を厚くし、ピント調節をする。近くを見ることが多い現代生活では、いつも毛様体筋が緊張しているので目が疲れやすい。加えて、昨今はデジタル機器の操作が原因のドライアイや眼精疲労も急増している。「放置すると、頭痛や肩こりといった全身症状が出たり、目に違和感があることでQOLが下がるのも問題」と石岡院長。

 見え方がおかしいと感じたら一度眼科でチェックを。病気の早期発見にもつながる。

図1◎ 見え方の異常に関するチェックリスト
見え方の異常に関するチェックリスト
[画像のクリックで拡大表示]

1/6 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.