日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン  > 5ページ
印刷

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

視野が欠ける場合は、失明につながる重篤な病気の可能性も

 眼圧の上昇などで視神経が障害される緑内障、眼球から網膜がはがれる網膜剥離は、視野が狭くなることが特徴。進行すると失明の恐れがある。

 「緑内障は、成人の失明原因の1位で、40歳以上の4~5%が発症する。初期には自覚症状がないため検診による早期発見が重要。緑内障、網膜剥離はともに強度近視の人が発症しやすいので注意して」(山田教授)。

 緑内障の場合、一度障害を受けた視神経は手術でも回復しない。

 一方、眼瞼下垂(がんけんかすい)は、加齢によってまぶたの筋肉がたるみ、上まぶたが下がることで視界が狭くなる病気。手術で治る。

まぶたの筋肉の老化が原因:眼瞼下垂

  • 上方の視野が狭くなる
  • 上まぶたが黒目にかかる
眼瞼下垂

【原因】まぶたを上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉が衰え、挙筋腱膜が伸びたり、瞼板から外れて上方の視野が狭くなったりまぶたが下がって、物が見えづらくなる。まぶたを無理に上げようとするので、額にシワが寄ったり眉毛が上がったり、肩が凝ることも。

【治療】挙筋腱膜と周囲の組織の結合を再構成する手術で治る。手術は眼科のほか、形成外科でも行われている。

エクステ、カラコン、目の周りのおしゃれアイテムは雑菌に注意
 人気のカラーコンタクトは選び方に注意を。「酸素透過性の低いカラコンで角膜を覆ってしまうと、酸素不足で、緑膿菌などに感染しやすくなる。フィッティングが悪いものは角膜を傷つけ、最悪の場合、失明することも。多少高価でも安心できる製品を選びたい」と石岡院長。また、「まつ毛のエクステの接着剤でアレルギーを起こしたり、目のキワのアイラインで、目に油分を供給するマイボーム腺がふさがれ、ドライアイになることも」と石岡院長。目に異常を感じたら、おしゃれアイテムも見直して。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.