日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン  > 4ページ
印刷

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

自由に目が開かない、まばたきが増える:眼瞼痙攣

  • まぶしく感じる
  • 目が開けづらい

【原因】まぶたが「ピクピク」けいれんするほか、まぶたが自然と閉じてしまうなど、まぶたの開閉に障害が起きる。症状は目に表れるが、原因は脳神経とされる。目が乾く、まぶしいなどドライアイと似た症状も出るが、ドライアイ治療では改善しない。

【治療】根治療法はないが、目周囲の筋肉の動きを制御するボトックス注射で、まぶたが閉じてしまう症状は緩和できる。1回の注射で2~4カ月間効果は持続。眼瞼の手術を行う方法も。

近くが見えにくい、ぼやける、目が疲れる:老眼の始まりかも

  • 夕方になると昼間に見えていたものが見えにくくなる
  • 小さな字が読みづらくなる
老眼

【原因】水晶体のピント調節能力が衰え、手元を遠ざけないと本が読みづらくなったり、薄暗いと近くが見えにくくなる。早い人で35歳ごろから始まる。疲れ目がひどくなり、頭痛や肩こりの原因にも。

【治療】根治療法はない。眼科で処方箋を出してもらい、メガネ専門店で自分の生活スタイルに合ったメガネを作り、ピント調節力の低下を補おう。

次ページ
視野が欠ける
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.