日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン  > 4ページ
印刷

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

自由に目が開かない、まばたきが増える:眼瞼痙攣

  • まぶしく感じる
  • 目が開けづらい

【原因】まぶたが「ピクピク」けいれんするほか、まぶたが自然と閉じてしまうなど、まぶたの開閉に障害が起きる。症状は目に表れるが、原因は脳神経とされる。目が乾く、まぶしいなどドライアイと似た症状も出るが、ドライアイ治療では改善しない。

【治療】根治療法はないが、目周囲の筋肉の動きを制御するボトックス注射で、まぶたが閉じてしまう症状は緩和できる。1回の注射で2~4カ月間効果は持続。眼瞼の手術を行う方法も。

近くが見えにくい、ぼやける、目が疲れる:老眼の始まりかも

  • 夕方になると昼間に見えていたものが見えにくくなる
  • 小さな字が読みづらくなる
老眼

【原因】水晶体のピント調節能力が衰え、手元を遠ざけないと本が読みづらくなったり、薄暗いと近くが見えにくくなる。早い人で35歳ごろから始まる。疲れ目がひどくなり、頭痛や肩こりの原因にも。

【治療】根治療法はない。眼科で処方箋を出してもらい、メガネ専門店で自分の生活スタイルに合ったメガネを作り、ピント調節力の低下を補おう。

次ページ
視野が欠ける

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.