日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン  > 3ページ目
印刷

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

チカチカまぶしい、見えにくい…目の酷使や乾燥が原因かも

 長時間のパソコン作業、コンタクトレンズの使用、エアコンの風などで目を守る涙の状態が不安定になると、ドライアイに。「特に40代以降の女性は涙の量が減少するためハイリスク。目の表面が傷つきやすくなり、最近の研究では不眠やうつとの関連も指摘されている」(山田教授)。

 ドライアイは疲れ目を併発していることが多い。疲れ目は軽視されがちだが、「疲れ目は病気」と山田教授は言う。パソコン画面からのブルーライトも疲れ目の要因だ。

 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)はまぶたの開閉に障害が出る。「まぶしい、目が乾くなどドライアイと似た症状もあり、紛らわしい」(山田教授)。

涙の量が減少して目が乾く:ドライアイ

  • 光を見るとまぶしい
  • 目がかゆい
ドライアイ

【原因】ソフトコンタクトレンズの使用、乾燥した環境、まばたきの回数減少で涙の量が減るなど、目が乾いて起きる。また、涙の質の低下も原因。涙は水分、油分、ムチンというたんぱく質の三層で構成されているが、このバランスが崩れると、目の表面に涙がたまりにくくなる。

シルマー検査
涙の量を調べる「シルマー検査」。下まぶたに試験紙をはさむ。水分が5mm以下の位置までならドライアイ。(写真提供/石岡院長)
[画像のクリックで拡大表示]

【治療】「ムコスタ」などのドライアイ用点眼薬で継続的に治療。オフィスではPCメガネをかけるのも有効。それだけで目の周囲の湿度が30~40%アップする。コンタクトは「乾きにくいシリコンハイドロゲル素材がお薦め」(石岡院長)。

ドライアイと思っていたらアレルギーであることも
アレルウォッチ検査
アレルウォッチ検査。試験紙を下まぶたの端にはさんで涙を吸わせ、涙中にアレルギー物質が出るかをチェック。(写真提供/石岡院長)
[画像のクリックで拡大表示]
 「ドライアイの症状を訴えて来院する人の中には、アレルギー性結膜炎の人も多い」と石岡院長。ドライアイと鑑別するため、角膜に傷がないか、目の表面を蛍光色素で染め出す検査やアレルウォッチ検査を行う。アレルギー性結膜炎なら、抗アレルギー点眼薬で治療。

全身症状に移行する:疲れ目(眼精疲労)

  • 長時間パソコン作業をする
  • 肩こりや頭痛もある

【原因】長時間のPC作業やスマホ操作など、近くを見続けることが大きな原因。ピント調節のために水晶体を支える毛様体筋が過度に緊張を強いられるためだ。LEDを使った液晶画面や照明から発するブルーライトも原因に。頭痛、肩こり、吐き気など全身症状が出ることも。

【治療】PC作業中は1時間に1回は遠くを見る。眼球を回すストレッチや目を温めることで、緊張した毛様体筋をほぐす。目薬はビタミンB入りのものがいい。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.