日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン  > 5ページ目
印刷

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

視野が欠ける場合は、失明につながる重篤な病気の可能性も

 眼圧の上昇などで視神経が障害される緑内障、眼球から網膜がはがれる網膜剥離は、視野が狭くなることが特徴。進行すると失明の恐れがある。

 「緑内障は、成人の失明原因の1位で、40歳以上の4~5%が発症する。初期には自覚症状がないため検診による早期発見が重要。緑内障、網膜剥離はともに強度近視の人が発症しやすいので注意して」(山田教授)。

 緑内障の場合、一度障害を受けた視神経は手術でも回復しない。

 一方、眼瞼下垂(がんけんかすい)は、加齢によってまぶたの筋肉がたるみ、上まぶたが下がることで視界が狭くなる病気。手術で治る。

まぶたの筋肉の老化が原因:眼瞼下垂

  • 上方の視野が狭くなる
  • 上まぶたが黒目にかかる
眼瞼下垂

【原因】まぶたを上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉が衰え、挙筋腱膜が伸びたり、瞼板から外れて上方の視野が狭くなったりまぶたが下がって、物が見えづらくなる。まぶたを無理に上げようとするので、額にシワが寄ったり眉毛が上がったり、肩が凝ることも。

【治療】挙筋腱膜と周囲の組織の結合を再構成する手術で治る。手術は眼科のほか、形成外科でも行われている。

エクステ、カラコン、目の周りのおしゃれアイテムは雑菌に注意
 人気のカラーコンタクトは選び方に注意を。「酸素透過性の低いカラコンで角膜を覆ってしまうと、酸素不足で、緑膿菌などに感染しやすくなる。フィッティングが悪いものは角膜を傷つけ、最悪の場合、失明することも。多少高価でも安心できる製品を選びたい」と石岡院長。また、「まつ毛のエクステの接着剤でアレルギーを起こしたり、目のキワのアイラインで、目に油分を供給するマイボーム腺がふさがれ、ドライアイになることも」と石岡院長。目に異常を感じたら、おしゃれアイテムも見直して。
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.