日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン  > 2ページ
印刷

働くオンナの保健室

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意

ゴミが見える、像がぼやける…加齢による透明組織の濁りが原因かも

 「飛蚊症(ひぶんしょう)」も「白内障」も加齢が原因で誰にでも起こる。飛蚊症は硝子体の濁りが原因。ただ、「まれに網膜剥離の前兆の場合があるので、飛蚊症を自覚したら検査を受けて」(石岡院長)。

 白内障は、水晶体の濁りによって視野全体がぼやける。「高齢者の病気と思われがちだが、水晶体は40代から濁り始め、50代で目がかすんでくる場合もある」(石岡院長)。

黒い小さな虫が飛んで見える:飛蚊症

  • 黒いゴミのようなものが見える
  • 視線を動かすと黒い点も一緒に動く
飛蚊症

【原因】小虫や糸くずのような“浮遊物”の正体は、硝子体と呼ばれる眼球内の透明なゼリー状のものに生じた濁り。それが網膜に影として映り、視線の動きとともに揺れ動いて見える。加齢原因の場合は治療の必要はなく、その見え方に慣れるしかない。ただし突然表れた飛蚊症は、網膜に穴が開く網膜裂孔や網膜剥離など重篤な病気の前兆の場合がある。

【治療】硝子体の老化に伴うものなので病気ではなく、治療法はない。とはいえ網膜剥離の可能性を除外するため、必ず眼科の受診を。

40代から発症する人も:白内障

  • 目がかすむ、ぼやける
  • 光がまぶしく感じる
白内障

【原因】水晶体は、カメラのレンズのようなもので、本来は透明で光をよく通す。白内障はこの水晶体が濁ることで、光が乱反射したり、うまく透過できなくなり、網膜にはっきりと像を映し出せなくなる。それによって物がかすんだり、ぼやけたりする。屋外での作業やスポーツなどで紫外線を多く浴びている人がなりやすい。UVカットサングラスなどで予防を。

【治療】初期なら点眼薬で進行を遅らせる。進行し視力回復が必要な状態なら、濁った水晶体を人工レンズに替える手術がある。最近は、日帰り手術も可能だ。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.