日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 「手荒れ」は症状別のクリームの使い分けで改善できる  > 2ページ目

働くオンナの保健室

「手荒れ」は症状別のクリームの使い分けで改善できる

放っておくと慢性の皮膚炎「手湿疹」に!?

 日経ヘルス

【なぜ手荒れが起こるのか】
乾燥や冷えが皮膚のバリアを壊す ひどくなると一年中、悩むことに

 「そもそも手のひらには皮脂を分泌する皮脂腺が少ないため、バリア機能が弱い」と埼玉県済生会川口総合病院皮膚科の高山かおる主任部長は話す。物に触ったり、頻繁に手洗いをしたりすると、角層の水分が奪われ、手荒れの要因になる。実際、「手荒れ患者さんに最も多いのは頻繁に手を洗う人」と野村皮膚科医院の野村有子院長。「荒れる一番の要因は水仕事」と高山主任部長も強調する。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り2778文字 / 全文3069文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.