日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 認知症を防ぐには40~50代でメタボ対策を  > 4ページ目

働くオンナの保健室

認知症を防ぐには40~50代でメタボ対策を

4000歩のウオーキングと会話がポイント

 日経ヘルス

【認知症の治療と介護の心得】
薬は症状を改善するが進行は止めない 早めの受診が大切

 認知症は本人が自覚しにくいため、周囲の人が「おかしい」と気づくことが大切だ。兆候として、もの忘れや趣味をやめるなどの意欲の低下も見られる。「初期は症状に波があり、いいときもあれば、悪いときもある。家族はいいときにフォーカスして『大丈夫』と考え、病院の受診が遅れがちになってしまう。しかし、早期に受診すれば必要なタイミングで介護サービスも受けられる。兆候を感じたらできるだけ早く認知症専門医のいる病院へ」と吉田院長はアドバイスをする。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

認知症
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.