日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 働くオンナの保健室  > 止まらない咳…ぜん息、感染症、肺がんが原因?  > 2ページ目
印刷

働くオンナの保健室

止まらない咳…ぜん息、感染症、肺がんが原因?

3週間以上続く咳に要注意

アレルギーが原因の長引く咳

 ぜん息の主な原因はアレルギー体質。悪化因子にはハウスダスト、ペット、ストレス、妊娠、肥満などがある。

女性は誰でもハイリスク:咳ぜん息・ぜん息

 慢性的に咳が続く代表的な病気。炎症により気道は敏感になり、冷たい空気やタバコの煙など、ちょっとした刺激で発作が起きる。長引くカゼの咳と咳ぜん息は混同されやすいが、「咳ぜん息の原因はアレルギー体質。痰はほとんどなく、あっても白色で少しだけ。明け方に咳がひどくなる特徴がある」と(相模原病院病態総合研究部の谷口正実部長)。カゼのあとになかなか止まらない咳が咳ぜん息や、ぜん息に移行することもある。

 ぜん息の悪化因子は、ハウスダスト、ペット、ストレスなどがあるが、「エストロゲン(女性ホルモン)がぜん息に関与しているため、女性にとっては月経や妊娠も悪化因子」(谷口部長)。また、「最近の研究では肥満がぜんそくのリスクを高めることも明らかになっている」(谷口部長)。

図2◎ 肥満はぜん息のリスクを上げる
2000~2005年に国立病院機構相模原病院アレルギー科外来を受診した成人ぜん息患者(3767例)のうち難治性ぜん息患者を見ると体格指数(BMI)が30以上だと割合が高い。「内臓脂肪がぜん息を悪化させる炎症細胞を出していることが明らかになっている」(谷口部長)。
[画像のクリックで拡大表示]

【治療】

 「長期的な治療としては、吸入ステロイド薬で気道の炎症を抑えることが最も大切。発作が出たときは、即効性のある吸入気管支拡張薬を用いる」(谷口部長)。また、ハウスダスト、ストレスなど生活から悪化因子を取り除くことも大切。そして、「運動で内臓脂肪を減らすと症状は劇的に良くなる」(谷口部長)という。

咳ぜん息とぜん息の違い
[画像のクリックで拡大表示]

咳ぜん息
 呼吸困難は伴わない。放置するとぜん息に移行することもある。

ぜん息
 ぜいぜい、ヒューヒューなど呼吸困難を伴う。


RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.