日経グッデイ

働くオンナの保健室

胸のあたりの痛み・違和感…微小血管狭心症、帯状疱疹、胃食道逆流症かも

ギュッと締め付けられる、ピリピリ痛む、ムカムカするときの対処法

突然息苦しいほど胸が痛む、何だか胸が熱い。そんな症状に心当たりがある人はご用心!早く治療しないと仕事や育児に支障が出たり、後遺症が残ったりする病気かも…。症状は酷似していても、原因によって受診科が異なる点も注意が必要だ。

 30~50代の女性に多いのが微小血管狭心症、帯状疱疹、胃食道逆流症の3つの病気。胸の痛み・違和感のある人はチェックを!

図1◎ 胸の痛み・違和感のセルフチェック
[画像のクリックで拡大表示]

【微小血管狭心症】更年期女性に多発、命にかかわらないが診断つかず適切な治療が受けられない人も

40代後半に頻度が多い
天野医師が母校の都立日比谷高校女子卒業生1170人(有効回答822人)に実施した調査。46~55歳までの更年期に最も胸痛発作が多かった。初めて胸痛を自覚したのは20~30代も多かったが、46~50歳が最多。胸の中央、胸から喉や左肩に5分以内の痛みを訴える人が多かった。(データ:天野医師)
[画像のクリックで拡大表示]

 安静にしていても胸が締め付けられるように痛むことがある、痛みは水を飲んでも治まらない、月経は不順…。そんな人は微小血管狭心症の恐れがある。「閉経前の女性は、血管を広げる作用があるエストロゲンに守られており、狭心症や心筋梗塞にはなりにくい。ところが、30代後半から50代後半にかけて、10人に1人程度の女性が胸痛発作を経験している」と静風荘病院女性内科・女性外来の天野恵子医師は話す。

症状:エストロゲンの乱れが原因。圧倒的に女性に多い

普通の狭心症との違い
冠動脈の太い血管が狭くなり胸痛発作を起こすのが普通の狭心症(左)。微小血管狭心症(右)は検査では見つからないくらい微細な血管の収縮で発症。
[画像のクリックで拡大表示]

 微小血管狭心症は、心臓の血管である冠動脈の中でも太い血管ではなく、非常に細い血管が収縮し、胸痛発作が起きる病気だ。月経不順や更年期のエストロゲンの急激な低下、冷え、ストレスなど女性ホルモンが乱れる状態が引き金になる。

 「普通の狭心症と同じように、胸のあたりが象に踏みつけられたように強い痛みを感じ、胸痛が半日、あるいは1日中続く人もいる。ただ、心臓の専門家でも、この病気に詳しくない医師もまだ多い。さらに一般の心臓の検査では分からないくらい微小な血管の収縮が原因なので、胸痛で苦しんでいるのに、『異常なし』『心臓神経症』などと診断され、うつ状態になる人も。不安で外出や仕事ができなくなる人もいるので、女性の心臓病に詳しい循環器内科で適切な治療を受けてほしい」と天野医師は強調する。

似た症状の病気は多い
こんな病気でないことをまず確認

 微小血管狭心症と診断するためには、胸痛発作の起こるほかの病気との鑑別も重要。中には、胃食道逆流症を併発している人も。

気胸:特に原因もないのに肺の一部に穴が開き、空気が漏れて胸が痛む。女性は月経の前後に発症することも。胸部X線検査で診断がつき、ほとんどは自然に治る。

心膜炎:インフルエンザやカゼなどのウイルスが原因で心臓を包む心膜に炎症が起こり、水がたまる病気。胸部X線検査などで診断し、治療は原因となった病気によって異なる。

肋間神経痛:体の片側の肋骨に沿って起こる突発的な痛み。原因は不明なことが多い。

胃食道逆流症:4ページ参照

治療:脈をゆっくりにするカルシウム拮抗薬が有効

 微小血管狭心症は一般的な狭心症の治療薬であるニトログリセリンが効きにくい。治療は、塩酸ジルチアゼムなど、血管拡張作用があり、脈を遅くするタイプのカルシウム拮抗薬が第一選択だ。「薬の服用で、ほとんどの人はすぐに胸痛発作が治まる。また、ホルモン補充療法が効果的な場合も。微小血管狭心症自体は命にかかわる病気ではない」と天野医師は話す。

セルフケア:月経を整えるストレスを減らす生活を

 月経不順によって10代、20代でも微小血管狭心症を発症する場合がある。「急激なダイエットや過労が月経不順の原因になっている人はまずは生活の見直しを。胸痛発作の引き金となる冷えや睡眠不足をなくし、ストレスとうまく付き合うことも大切です」(天野医師)。

のどに何か詰まって息苦しい
そんな人は「更年期の梅核気(ばいかくき)」かも

 内視鏡検査で異常はないのに、のどに梅の実のようなものが詰まっている感じがして息苦しく、飲み込むことも吐くこともできない―。これは更年期の女性に多く見られる梅核気という症状で、ヒステリー球、咽喉頭異常感症とも呼ばれる。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という漢方薬が効きます。

【帯状疱疹】胸の片側だけに強い痛み その数日後、痛んだ場所に帯状の発疹が

胸部での発症が多い
帯状疱疹は神経のある場所ならどこにでも出るが胸部での発症が多い。発症は一生に1度か2度で、2回目は別の所に出る人も。(データ:慈恵会医科大学皮膚科)
[画像のクリックで拡大表示]

 胸の片側に強い痛みやヒリヒリ感があり、後日、その場所に発疹が出たなら帯状疱疹かも。

 「帯状疱疹は、子供のときにかかって知覚神経に潜伏していた水ぼうそうのウイルスが、免疫力が落ちたときに再活性化して発症する。痛みが残らないようにするには早期治療が大切。放置せず皮膚科を受診して」と、まりこの皮膚科の本田まりこ院長。


症状:最初は発疹より痛み、顔に出ることも

(写真提供:本田院長)
[画像のクリックで拡大表示]

 帯状疱疹という病名は、体の左右どちらか片側に帯状の水ぶくれができることからきている。最初に激しい痛みが出るのが特徴だが、症状には個人差があり、かゆみ、違和感程度の人も。「痛みが先に出るのは、神経の根元で眠っていたウイルスが神経にダメージを与えながら増殖するから。4~5日で表皮に達して発疹として現れる」と本田院長は説明する。なぜ、片側にのみ痛みや発疹が出るのかは分かっていない。

 女性は水ぼうそうの免疫が切れ始める20代と50代以降に発症しやすい。30~40代の子育て世代に少ないのは、わが子が水ぼうそうになるとウイルスを見張る免疫細胞の力が強まるから。免疫力が低下するがん、アトピー性皮膚炎、糖尿病の人、妊婦もかかりやすいので要注意だ。

治療:発疹が出て3日以内の抗ウイルス薬が有効

 帯状疱疹で怖いのは、慢性的な痛みが残るケース。また、重症になると脳炎を起こし、亡くなる場合も。本田院長は「重症化や帯状疱疹神経痛を防ぐには、発疹が出始めて3日以内に抗ウイルス薬を服用し、神経の破壊を最小限に抑えるのがポイント。神経の麻痺や脳炎を発症している人にはステロイド内服薬の併用が有効」と話す。

 痛みが残った場合、痛みのある神経と周囲に局所麻酔薬を注射する神経ブロックで、症状が改善する人も少なくない。


1週間の抗ウイルス薬服用で治癒
ファムシクロビル(右)、バラシクロビル(左)といった抗ウイルス薬を3日以内にのめば、跡も残りにくい。
[画像のクリックで拡大表示]

セルフケア:「水ぼうそうワクチン」を受けると安心

 予防は過労を防ぐほかに、水ぼうそうの予防注射で免疫細胞の力を強化する手も。保険は使えないが自費で1万円前後だ。孫と同居する高齢者は免疫が高まり、発症しにくいとのデータもある。大人の水ぼうそうは重症化しやすいので、かかった記憶のない人はぜひ予防接種を。

帯状疱疹の人の近くに行ったらうつる?

 帯状疱疹自体には感染力はなく、近くに行ったからといって帯状疱疹がうつることはない。しかし、もしも水ぼうそうになっていない人が近くに行けば、水ぼうそうを発症する危険性が高い。通常、水ぼうそうには1回しかかからないが、免疫が低下した人が帯状疱疹の人からの感染で2回目を発症する場合もあるという。

【胃食道逆流症】食べ過ぎ、寝る前の食事で、胃の入り口の筋肉が緩み、胃酸が逆流

[画像のクリックで拡大表示]

 胸が焼けるように熱い、酸っぱいものがこみ上げてくることが多い…。そんな症状が週2回以上あったら胃食道逆流症の危険性大だ。「胃食道逆流症は胃酸が逆流することで食道がただれ、炎症が起きる病気。逆流性食道炎とも呼ばれる。炎症がない人でも、逆流を繰り返すことで胃酸を戻す食道の力が弱まり、胸焼けなどの症状が起きやすい」と日本医科大学消化器・肝臓内科の岩切勝彦教授。

症状:胸焼けや胸痛、げっぷでムカムカする

 典型的な症状は、食後の胸焼け、げっぷと共に酸っぱい水や苦い水がこみあげてくる胃酸の逆流だ。強い胸痛で仕事もできなくなる人もいる。

 「食道に炎症が起こるのは、食道粘膜には強い塩酸を含む胃酸に対する防御機能がないため。本来は、胃酸の逆流が起こっても、食道のぜん動運動で、すぐに逆流した胃液や食べ物を胃へ戻すが、胃食道逆流症の人はぜん動運動がうまく働かなくなっていることが多い」と岩切教授は指摘する。

 胃食道逆流症になるのは、暴飲暴食、就寝前の食事により、胃の入り口で逆流を防ぐ下部括約筋が一時的に緩むことが原因。太っている男性がなりやすいといわれるが、やせていても、女性でもだれでもなりえる。

炎症が起きていなくても胸焼けを感じる人が7割

 診断には内視鏡検査が必須だが、症状を訴える人の約7割は炎症のない非びらん性胃食道逆流症(NERD)。(データ:日本医科大学千葉北総病院消化器内科)

治療:H2ブロッカー無効ならプロトンポンプ阻害薬

 治療は胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用が有効。「市販のH2ブロッカーは日中の酸分泌を抑える力が弱く、効果がないことが多い。昼夜を問わず胃酸分泌を抑えるPPIの服用で、ほとんどの人は症状が改善する。炎症を放置すると、食道が胃の粘膜と似た状態に変化する“バレット食道”になり、発がんリスクが高まるので要注意」(岩切教授)。

 まれだが、PPIの効果がなく、食道の筋肉が厚くなって食道運動異常が起きているケースでは手術が有効なこともある。

セルフケア:寝る前3時間の食事はNG。便秘も解消を

 暴飲暴食や早食いをやめ、就寝前3時間は食べないようにしただけで、症状が消える人もいる。「便秘だと胃が圧迫され、逆流しやすいので便通改善も重要。知覚過敏で痛みを感じやすくなってしまった人は、ストレス軽減も大切」と岩切教授。

ピロリ菌のない人が発症しやすいワケ
ピロリ菌の有無が発症率に影響
岩切教授らがピロリ菌の有無と胃食道逆流症発症率とを調べた研究(グラフ)では、ピロリ菌陰性の人の胃食道逆流症の発症率は陽性の人の2~5倍以上。特に、55歳以降は陰性の人の発症率が急増。(データ:岩切教授)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピロリ菌陽性の人に胃食道逆流症が少ないのは、ピロリ菌によって胃に炎症が起こったり、胃粘膜が萎縮したりして胃酸の分泌量が減るため。今の10~40代はピロリ菌陽性率が低く、幼少期から胃酸分泌を増やすファストフードやスナック菓子を食べているので胃食道逆流症になりやすい。ピロリ菌除菌をした人も要注意だ。


(取材・文:福島安紀/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2013年12月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)