日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 働くオンナの保健室  > 胸のあたりの痛み・違和感…微小血管狭心症、帯状疱疹、胃食道逆流症かも  > 4ページ目
印刷

働くオンナの保健室

胸のあたりの痛み・違和感…微小血管狭心症、帯状疱疹、胃食道逆流症かも

ギュッと締め付けられる、ピリピリ痛む、ムカムカするときの対処法

【胃食道逆流症】食べ過ぎ、寝る前の食事で、胃の入り口の筋肉が緩み、胃酸が逆流

[画像のクリックで拡大表示]

 胸が焼けるように熱い、酸っぱいものがこみ上げてくることが多い…。そんな症状が週2回以上あったら胃食道逆流症の危険性大だ。「胃食道逆流症は胃酸が逆流することで食道がただれ、炎症が起きる病気。逆流性食道炎とも呼ばれる。炎症がない人でも、逆流を繰り返すことで胃酸を戻す食道の力が弱まり、胸焼けなどの症状が起きやすい」と日本医科大学消化器・肝臓内科の岩切勝彦教授。

症状:胸焼けや胸痛、げっぷでムカムカする

 典型的な症状は、食後の胸焼け、げっぷと共に酸っぱい水や苦い水がこみあげてくる胃酸の逆流だ。強い胸痛で仕事もできなくなる人もいる。

 「食道に炎症が起こるのは、食道粘膜には強い塩酸を含む胃酸に対する防御機能がないため。本来は、胃酸の逆流が起こっても、食道のぜん動運動で、すぐに逆流した胃液や食べ物を胃へ戻すが、胃食道逆流症の人はぜん動運動がうまく働かなくなっていることが多い」と岩切教授は指摘する。

 胃食道逆流症になるのは、暴飲暴食、就寝前の食事により、胃の入り口で逆流を防ぐ下部括約筋が一時的に緩むことが原因。太っている男性がなりやすいといわれるが、やせていても、女性でもだれでもなりえる。

炎症が起きていなくても胸焼けを感じる人が7割

 診断には内視鏡検査が必須だが、症状を訴える人の約7割は炎症のない非びらん性胃食道逆流症(NERD)。(データ:日本医科大学千葉北総病院消化器内科)

治療:H2ブロッカー無効ならプロトンポンプ阻害薬

 治療は胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用が有効。「市販のH2ブロッカーは日中の酸分泌を抑える力が弱く、効果がないことが多い。昼夜を問わず胃酸分泌を抑えるPPIの服用で、ほとんどの人は症状が改善する。炎症を放置すると、食道が胃の粘膜と似た状態に変化する“バレット食道”になり、発がんリスクが高まるので要注意」(岩切教授)。

 まれだが、PPIの効果がなく、食道の筋肉が厚くなって食道運動異常が起きているケースでは手術が有効なこともある。

セルフケア:寝る前3時間の食事はNG。便秘も解消を

 暴飲暴食や早食いをやめ、就寝前3時間は食べないようにしただけで、症状が消える人もいる。「便秘だと胃が圧迫され、逆流しやすいので便通改善も重要。知覚過敏で痛みを感じやすくなってしまった人は、ストレス軽減も大切」と岩切教授。

ピロリ菌のない人が発症しやすいワケ
ピロリ菌の有無が発症率に影響
ピロリ菌の有無が発症率に影響
岩切教授らがピロリ菌の有無と胃食道逆流症発症率とを調べた研究(グラフ)では、ピロリ菌陰性の人の胃食道逆流症の発症率は陽性の人の2~5倍以上。特に、55歳以降は陰性の人の発症率が急増。(データ:岩切教授)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピロリ菌陽性の人に胃食道逆流症が少ないのは、ピロリ菌によって胃に炎症が起こったり、胃粘膜が萎縮したりして胃酸の分泌量が減るため。今の10~40代はピロリ菌陽性率が低く、幼少期から胃酸分泌を増やすファストフードやスナック菓子を食べているので胃食道逆流症になりやすい。ピロリ菌除菌をした人も要注意だ。


(取材・文:福島安紀/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2013年12月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.