日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 働くオンナの保健室  > 胸のあたりの痛み・違和感…微小血管狭心症、帯状疱疹、胃食道逆流症かも  > 3ページ
印刷

働くオンナの保健室

胸のあたりの痛み・違和感…微小血管狭心症、帯状疱疹、胃食道逆流症かも

ギュッと締め付けられる、ピリピリ痛む、ムカムカするときの対処法

【帯状疱疹】胸の片側だけに強い痛み その数日後、痛んだ場所に帯状の発疹が

胸部での発症が多い
帯状疱疹は神経のある場所ならどこにでも出るが胸部での発症が多い。発症は一生に1度か2度で、2回目は別の所に出る人も。(データ:慈恵会医科大学皮膚科)
[画像のクリックで拡大表示]

 胸の片側に強い痛みやヒリヒリ感があり、後日、その場所に発疹が出たなら帯状疱疹かも。

 「帯状疱疹は、子供のときにかかって知覚神経に潜伏していた水ぼうそうのウイルスが、免疫力が落ちたときに再活性化して発症する。痛みが残らないようにするには早期治療が大切。放置せず皮膚科を受診して」と、まりこの皮膚科の本田まりこ院長。


症状:最初は発疹より痛み、顔に出ることも

(写真提供:本田院長)
[画像のクリックで拡大表示]

 帯状疱疹という病名は、体の左右どちらか片側に帯状の水ぶくれができることからきている。最初に激しい痛みが出るのが特徴だが、症状には個人差があり、かゆみ、違和感程度の人も。「痛みが先に出るのは、神経の根元で眠っていたウイルスが神経にダメージを与えながら増殖するから。4~5日で表皮に達して発疹として現れる」と本田院長は説明する。なぜ、片側にのみ痛みや発疹が出るのかは分かっていない。

 女性は水ぼうそうの免疫が切れ始める20代と50代以降に発症しやすい。30~40代の子育て世代に少ないのは、わが子が水ぼうそうになるとウイルスを見張る免疫細胞の力が強まるから。免疫力が低下するがん、アトピー性皮膚炎、糖尿病の人、妊婦もかかりやすいので要注意だ。

治療:発疹が出て3日以内の抗ウイルス薬が有効

 帯状疱疹で怖いのは、慢性的な痛みが残るケース。また、重症になると脳炎を起こし、亡くなる場合も。本田院長は「重症化や帯状疱疹神経痛を防ぐには、発疹が出始めて3日以内に抗ウイルス薬を服用し、神経の破壊を最小限に抑えるのがポイント。神経の麻痺や脳炎を発症している人にはステロイド内服薬の併用が有効」と話す。

 痛みが残った場合、痛みのある神経と周囲に局所麻酔薬を注射する神経ブロックで、症状が改善する人も少なくない。


1週間の抗ウイルス薬服用で治癒
ファムシクロビル(右)、バラシクロビル(左)といった抗ウイルス薬を3日以内にのめば、跡も残りにくい。
[画像のクリックで拡大表示]

セルフケア:「水ぼうそうワクチン」を受けると安心

 予防は過労を防ぐほかに、水ぼうそうの予防注射で免疫細胞の力を強化する手も。保険は使えないが自費で1万円前後だ。孫と同居する高齢者は免疫が高まり、発症しにくいとのデータもある。大人の水ぼうそうは重症化しやすいので、かかった記憶のない人はぜひ予防接種を。

帯状疱疹の人の近くに行ったらうつる?

 帯状疱疹自体には感染力はなく、近くに行ったからといって帯状疱疹がうつることはない。しかし、もしも水ぼうそうになっていない人が近くに行けば、水ぼうそうを発症する危険性が高い。通常、水ぼうそうには1回しかかからないが、免疫が低下した人が帯状疱疹の人からの感染で2回目を発症する場合もあるという。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.