日経グッデイ

働くオンナの保健室

月経痛が重くて動けない…それは子宮内膜症かも

鎮痛剤は一時しのぎ、頼りすぎず受診を

月経がある女性の10%が抱え、推定患者数は260万人といわれる子宮内膜症。強い月経痛が病気のサイン。鎮痛剤が手放せないくらいなら、その可能性がある。不妊症の原因にもなるので、早期発見、早期治療がカギ。早めに婦人科を受診しよう。

子宮内膜に似た組織が子宮以外に“飛び火”、月経と連動して悪化

子宮内膜症/いいあい

 子宮内膜症は、本来、子宮にあるべき子宮内膜に似た組織(以下、子宮内膜症組織)が腹膜、卵巣、卵管などの臓器、ダグラス窩(か)など子宮内以外の部位に“飛び火”し、月経のたびに増殖、悪化していく病気。卵巣への飛び火は、袋にチョコレート色の古い血液がたまることからチョコレート嚢胞(のうほう)と呼ばれる。

 「原因は、経血の逆流説など。月経が悪化因子なので、初潮が早く、晩婚・晩産化で月経回数が多い現代女性は子宮内膜症を発症しやすい」と、いけした女性クリニック銀座の池下育子院長。特徴は、強い月経痛。月経困難症だと子宮内膜症のリスクが2.6倍に上がるというデータも。「経血を排出するときの子宮の収縮が強いほど月経痛も強くなるが、その反動で経血が逆流しやすくなる。最近の研究では、子宮内膜症の人は脳に痛みを伝える神経線維が子宮内や子宮内膜にも多いことが分かっている」と聖路加国際病院女性総合診療部の百枝幹雄部長。

図1◎ 子宮内膜症のセルフチェック
子宮内膜症のセルフチェック
[画像のクリックで拡大表示]

 月経がある限り、症状は慢性的に進む。40代以降では、チョコレート嚢胞ががん化するリスクが高くなる。重症化すると、腹膜の奥に子宮内膜症組織が入り込む深部子宮内膜症になることも分かってきた。「主に子宮と直腸のくぼみのダグラス窩の奥にでき、激しい性交痛や排便痛を伴う。手術後も再発しやすく、やっかいなタイプの子宮内膜症」と日本医科大学産婦人科学教室の明楽重夫教授。

 子宮内膜症は不妊の原因にもなる。不妊症の30~50%に子宮内膜症が見られるといわれる。症状の進行で、卵巣や卵管が癒着して排卵障害などが起きるためだ。また、「子宮外ではがれた子宮内膜症組織は、炎症反応が起きるため、免疫細胞のマクロファージなどが片付けてくれるが、その一方で、免疫細胞が精子を攻撃するので受精障害も起きやすくなる」と百枝部長。

 妊娠・出産というライフプランにもかかわる病気だけに、早期発見・早期治療が大切だ。「病院で問診や内診を受ければ診断はつく。少しでもつらかったら早目に婦人科の受診を」と百枝部長はアドバイスする。

子宮内膜症
[画像のクリックで拡大表示]

癒着などがない早期・軽症では、手術よりホルモン療法がお薦め

 「強い月経痛があれば、子宮内膜症を疑ったほうがいい。特に10代から重い月経痛を抱えていた人は、そのころから予備軍だった可能性が高い」と百枝部長。

 忙しいと、月経痛がつらくても病院へ行くのを後回しにして、市販の鎮痛剤でやり過ごしてしまいがち。「鎮痛剤は痛みの原因物質プロスタグランジンの生成を抑えて一時的に痛みを緩和するが、対症療法にすぎない。月経期間のうち1~2日間のむ程度なら問題ないが、3日以上のまないとつらい人は治療を受けて」と池下院長。鎮痛剤では一時しのぎにしかならず、子宮内膜症の症状の進行、悪化は止められないからだ。

 子宮内膜症の治療は、症状やライフプランによって異なる。癒着や炎症がなく、すぐに妊娠を希望しない場合は、月経痛の軽減をメーンに、ホルモン療法が行われる。ホルモンバランスを調節して、月経を軽くしたり、月経を止めることで、結果的に病気の進行に歯止めをかけ、病巣を小さくもできる。

ホルモン療法の効果
[画像のクリックで拡大表示]

 「主流は低用量ピル。子宮内膜の増殖を抑え、子宮収縮も弱める。痛みを伝える神経線維を減少させる作用もあり、月経痛はかなり軽くなる。月経困難症だけの早い段階で服用すれば、子宮内膜症の予防にもなる」と百枝部長。

 低用量ピルで症状が改善しない場合は、黄体ホルモン剤が用いられる。「子宮内膜症組織に直接作用して、増殖を抑える。プロスタグランジンの産生を抑える効果もある」と百枝部長。

主なホルモン剤

低用量ピル:1カ月の治療費 約2000~3000円*

 合成エストロゲンと合成プロゲステロンの配合薬。エストロゲン量の調節で排卵を止め、子宮内膜の増殖を抑える。痛みや症状の緩和、術後の再発予防にも効果的。

黄体ホルモン剤:1カ月の治療費 約5000~7000円*

 合成プロゲステロンのひとつで、疑妊娠状態にすることで月経を止める。子宮内膜症組織に直接作用して病巣を小さくし、痛みも緩和。低用量ピルが使えない場合に選択。

*3割負担の場合

 かつて、ホルモン療法といえば、ホルモン分泌を止める疑閉経療法が一般的だったが、更年期症状が出るなどの副作用で、最長6カ月しか使えなかった。

 近年、低用量ピルや黄体ホルモン剤が保険適用となり、継続的にホルモン療法が行えるようになって子宮内膜症は治療しやすくなった。「副作用の血栓症を不安視する人もいるが、QOLを上げ、妊娠を望むときまで病巣を改善できるなどメリットは大きい」と百枝部長。

 なお、妊娠を希望する場合は妊娠を最優先する。自然妊娠が難しい場合は体外受精の検討も。

女性ホルモン剤には血栓症のリスクあるが使用メリットは大
早めの対処で重症化防げる

 2013年、子宮内膜症などの治療に使われる低用量ピルの副作用と疑われる静脈血栓症で、3件の死亡例が厚生労働省から報告された。この報道で不安を感じた人もいるだろう。

 「静脈血栓症の発症リスクは一般人で1万人に1~2人だが、ピルの服用で1万人に5~6人と約3倍に増える。だがリスクよりも、月経困難症の緩和、再発予防、不妊・卵巣がん予防というメリットのほうが大きい」(百枝部長)。万一、服用中にふくらはぎの痛みなど異常を感じたら、すぐ婦人科主治医に相談を。「早めの対処で、血栓症だったとしても重症化は防げる」(百枝部長)

「チョコレート嚢胞6cm以上」は手術を選択肢に

こんな人は手術を選択肢に

 外科手術は「妊娠を希望しているものの、臓器の癒着などで子宮内膜症が不妊の原因になっている、チョコレート嚢胞が6cm以上で破裂の恐れがある、またがん化のリスクがあるときなどに行う」と明楽教授。

 手術には、子宮や卵巣の機能を残す保存手術、片側の卵巣を残す準根治術、子宮と卵巣を摘出する根治術がある。年齢や症状と妊娠希望の有無によって、術式が決まる。

ホルモン薬との併用で再発防止

 保存手術はタイミングも重要。「すぐに妊娠を希望する人は、時間が経過するほど妊娠しづらくなるので、早く行うほうがいい。一方、すぐに妊娠を希望しない人は、ホルモン療法で経過観察し、妊娠を希望する時点で、手術が必要かどうか判断をする時もある」と明楽教授。

 というのも、手術にはリスクも伴うため。「チョコレート嚢胞の手術では、卵巣の正常部分へのダメージが避けられず、妊娠力に影響が出る。また月経がある限り、子宮内膜症は再発のリスクがある。術後3~5年で3割が再発するため、術後にいざ妊娠を希望したときに、チョコレート嚢胞が再発しており再手術が必要、という事態は最も避けたい。手術は一生に一度と考え、慎重に時期を選ぶべき」と明楽教授。術後の再発予防には、ホルモン療法の継続が不可欠だ。低用量ピルや黄体ホルモン剤は再発予防の効果が高いことが分かっている。

手術の場合/子宮内膜症
[画像のクリックで拡大表示]

 手術は腹腔鏡下手術が推奨される。「この手術は、お腹の2~4カ所に小さな穴を開け、内視鏡と器具を挿入して、病巣の切除、吸引、焼灼(しょうしゃく)などを行う。傷が小さくてすみ、回復が早く、患者の負担が少ない。開腹手術より腹腔での癒着が少なく、骨盤深部まで観察できるのもメリット」と明楽教授は話す。

40代に多く見られる子宮腺筋症
他タイプの子宮内膜症との併発も
子宮内膜症組織が子宮の筋層内で増殖と剥離 をくり返し、出血するので、痛みがとても強いのが特徴。子宮が大きくなることで、過多月経も見られる。他のタイプの子宮内膜症と併発していることが多い。

 子宮腺筋症は、子宮筋層内に子宮内膜組織が入り込んで、増殖と出血をくり返す。激しい痛み、過多月経を伴うことも。

 「妊娠中は子宮が大きくなって筋層にもすき間ができることで、子宮内膜症組織が入り込みやすくなる。子宮腺筋症が40代に多いのは、経産婦に発症しやすいため。子宮内膜症、子宮筋腫と併発することも多い」と百枝部長。治療には黄体ホルモン剤を使う。

 避妊用のIUDリングに黄体ホルモン剤を塗り込んで膣に挿入しておく治療法もある。「一度入れたら5年間は効果があるので、面倒がない。局所で作用し、副作用の心配がないのもメリット」(百枝部長)という。

(取材・文:海老根祐子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2014年5月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

日経グッデイ春割キャンペーン