日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > ストレッチと抗炎症薬で直す 四十肩・五十肩
印刷

働くオンナの保健室

ストレッチと抗炎症薬で直す 四十肩・五十肩

イライラ、うつうつや更年期不調が背景にある人も

なんとなく肩が痛いと思ううちに痛みがだんだん強くなり、やがて肩全体が硬くなって、腕が十分に動かせなくなる「四十肩・五十肩」。自然に治る病気ではありますが、放置すると数年にわたって症状が続くことも珍しくありません。早く治すには肩の状態に合った治療やケアをすること。そのポイントを紹介します。

【四十肩・五十肩のメカニズム】
関節包に炎症。痛みがだんだん強まり肩が上げにくくなる

図1◎ 四十肩・五十肩とは「関節包」に炎症が起き、関節の動きが悪くなった状態
肩関節は、肩甲骨の浅いくぼみに上腕骨がはまる形になっている。四十肩・五十肩では、肩関節を包む袋状の組織である関節包に炎症が起き、肥厚・線維化して硬くなっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 「四十肩・五十肩」は、骨や筋肉などにケガや構造上の異常がないにもかかわらず、肩が痛んで、肩関節の可動域、つまり動かせる範囲が狭まった状態だ。

 江戸時代から報告があり、「女性の場合、髪を結ったり帯を結んだりすることができなくなる病気として知られた」と日本医科大学千葉北総病院整形外科の橋口宏部長は話す。

 原因はいまだ不明だが、「女性の場合、ヒステリーが背景にある人がいる」と橋口部長。ヒステリーというと、怒りを爆発させる場面を思い浮かべるかもしれないが、この場合はむしろ逆。抑え込んだ怒りや不満が体の痛みとして表現されたもの。本人は落ち込んでいて笑顔がないという。また、冷えやほてりなどの更年期不調を併せ持つ女性も少なくないようだ。

 基本的には自然に治る良性の病気だが「放置すると数年にわたり症状が続くリスクがある。肩が痛むほかの病気と区別するためにも、まずは整形外科を受診して」と橋口部長は薦める。

 症状は通常、肩の痛みから始まる。「後ろの物や高いところの物を取ろうとして肩を大きく動かしたとき、痛みに気づく人が多い。そのうち徐々に痛みが強くなり、じっとしていても痛い、夜、痛みで目が覚めるという状態になる」と東北大学病院リハビリテーション部の理学療法士、村木孝行さんは話す。

 痛みは肩関節を包む袋状の組織である関節包の炎症が引き起こすと考えられている。炎症はやがて治まるが、関節包は線維化して厚くなり、柔軟性を失う。その結果、肩関節が硬くなり(拘縮:こうしゅく)、すべての方向への可動域が狭まる。「視界の範囲には、たいてい手が届くので生活はそれほど困らないが、腕は頭の上まで挙げられなくなり、体の外側や背中側にも回せなくなる」と橋口部長。

四十肩・五十肩が治るまで
[画像のクリックで拡大表示]

 早く治すコツは、炎症をできるだけ早く鎮める、拘縮をストレッチで改善する―という2つ。「セルフケアをしっかりやれば、数カ月で良くなることが多い」(橋口部長)。治れば、同じ側に再発することはまずないという。

以下に当てはまる場合、四十肩・五十肩かも
四十肩・五十肩は、急に起こってきた肩の痛みと、肩関節を動かせる範囲がすべての方向で狭まるのが特徴。左右いずれかの肩に生じ、両側に起きることはまずない。症状の持続期間は数カ月から数年と個人差が大きい。
[画像のクリックで拡大表示]
こんな人は四十肩・五十肩のリスクが高い!
  • デスクワーク中心の仕事だ
  • 糖尿病、脂質異常症、甲状腺の病気がある

 デスクワークの職業の人に多く、肉体労働の人にはまれ。糖尿病や甲状腺の病気、脂質異常症もリスクになるが、これらの病気があって起きた肩の症状は「二次性の肩関節周囲炎」とされ、通常の四十肩・五十肩とは区別される。

30代なのに肩が痛い?
それは肩関節がゆるいせいでずれた「弛緩肩(しかんかた)」です
[画像のクリックで拡大表示]

 四十肩・五十肩にはまだ早い30代で肩が痛くなったら「弛緩肩(しかんかた)」の可能性がある。「もともと関節に軟らかさ、ゆるさがあるために、物を持った拍子などに肩関節が前後にずれ、肩が抜けたような感じになって痛む」と橋口部長。四十肩・五十肩と思い込み、抗炎症薬を飲んでも治らず発見される場合が多いという。

 「弛緩肩」には、例えば右のような腕を上下に動かして肩甲骨を動かす運動が指導される。「ゆるい肩の人は普段あまり肩甲骨を使っていない。それが動かせるようになると、すぐに肩関節のストレスが減って痛みがなくなる。はずれにくくなる効果も」と村木さん。腕はある程度挙がるのに肩が痛いという人は「弛緩肩」の可能性があるので、整形外科へ。

次ページ
炎症期の治療

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.