日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > つらい疲れ目に隠れる老眼、ドライアイ  > 5ページ
印刷

働くオンナの保健室

つらい疲れ目に隠れる老眼、ドライアイ

目がかすむ、近くがよく見えない、まばたきが増えた…は疲れ目のサイン

【老眼】夕方のかすみ目は初期症状。早めに眼科医に相談を

 夕方になると目がかすむ、近くにピントが合いにくい…。30 代後半から老眼の兆候は表れるが、この段階はまだ入り口。「水晶体はそれほど硬くなっていないので、遠くをぼーっと見る、アウトドアに出かけるなどして積極的に毛様体筋を緩めるようにすると、調節力も改善する」と杉本院長。

 それでも老眼が進んできたら、遠近両用メガネなどの活用を。目に異常がないかも含め、まずは眼科で受診、処方箋を書いてもらってから眼鏡店に行くといい。「老眼の程度が軽いうちに作ったほうが、メガネに慣れやすい。また遠くも近くもよく見たいと欲張らないのも慣れるコツ。外出用、パソコン作業用などとライフスタイルに応じて使い分けると、目が疲れない」と梶田院長。乱視がない人は遠近両用コンタクトも可能だ。

老眼鏡の選び方
[画像のクリックで拡大表示]

Topics:ピンホール効果で遠くも近くも見える方法も

アキュフォーカスリング
[画像のクリックで拡大表示]

 「メガネなしで近くも見たい人には手術という選択肢もある」と戸田院長。たとえば「アキュフォーカスリング」は、ドーナツ状の黒いシートを角膜に挿入する治療法。光が小さな穴を通ることで、遠くにも近くにもピントが合いやすくなる。見え方がなじまない場合は取りはずすこともできる。


老眼鏡との上手な付き合い方
  • 1.初回は眼科医に診てもらい、眼鏡の処方箋を書いてもらう
  • 2.「1本ですべてをくっきり」と欲張らず、生活スタイルに合わせて作業用、運転用などを使い分ける
  • 3.レンズの構造や目の使い方が違うので、今までのメガネと併用しない
  • 4.2週間連続使用しても慣れないなら再度相談を
  • 5.度が進んだら我慢せず作り変える

(取材・文:佐田節子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2013年11月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.