日経グッデイ

働くオンナの保健室

この不調、“更年期かも”症候群? それともリアル更年期?

“かも更”の段階で治療を始めて、“リア更”に先手を打つ

月経不順や体の不調、イライラ、うつうつ……。これって、もしかして更年期? つい不安になってしまう30~40代女性に、本当の更年期との見分け方、治療法、セルフケア法をご紹介!

“更年期かも”症候群とは?
 まだ本当の更年期ではないのに、更年期症状に似た症状が現れ、「もしや更年期?」と不安になる。30~40代前半に多い、そんな状態をこの記事では「“更年期かも”症候群」と名付けました。これに対策を講じることで、本当の更年期が乗り越えやすくなります。

【更年期って何?】
卵巣機能が衰えて女性ホルモンのバランスが大きく揺らぎ、閉経を迎えます

 女性なら誰もが通る道が、更年期。卵巣機能が衰えて、生殖できない体へと変化する時期だ。月経が終了する「閉経」は個人差はあるが、50歳前後で訪れる。1年以上月経がないと閉経と見なされ、これを挟んだ前後10年間、一般には40代後半から50代前半までを更年期と呼ぶ。

 体の一大変化だけあって、この時期には疲労肩こりのぼせ発汗動悸めまいなど、いろいろな不調が起こりやすい。閉経までの時期は、月経も不順になりがちだ。「このような症状は女性ホルモンが減ることよりも、むしろ大きく揺らぐことが一番の原因と考えられる」と東京医科歯科大学大学院女性健康医学講座の寺内公一准教授。

 卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが減ると、脳からは卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌され、「もっとエストロゲンを出して!」と卵巣に指令を出す。「これはゆっくり走っている車のアクセルをぐっと踏み込むようなもの。卵巣が過剰に刺激されてエストロゲンが一時的にどっと分泌され、ホルモン量が大きく変動する」(寺内准教授)。こういった大変動に体と脳がついていけず、いろいろな症状が現れるわけだ。

更年期かどうか、血液検査だけでは分からない

 エストロゲン(エストラジオール)やFSHなどの数値は、血液検査で調べられる。「ただし、ホルモン値は変動するので、1回の検査では更年期かどうか分からない。検査は間隔をあけて2回以上受けるべき。また、経腟超音波検査をすると、卵巣内の卵の状態を確認できる。これらの結果を総合的に見て、更年期かどうかを判断する」(寺内准教授)

  • ●目安値は…
  • エストラジオール(E2)=通常は20~500pg/mL、閉経すると20 pg/mL未満に。
  • FSH(卵胞刺激ホルモン)=通常は10mIU/mL未満。閉経すると30mIU/mL以上に。

 下の図はそれをイメージ化したもの。女性ホルモンは45歳以降、大きく乱高下する。更年期は嵐のように揺らぐ時期だが、実はこの揺らぎはその前から徐々に始まっている。この時期の月経異常や心身の不調が、“更年期かも”症候群(以下、かも更)だ。まだリアルな更年期(以下、リア更)ではないが、似たような症状に悩む人も少なくない。

30代後半くらいから、女性ホルモンは高低の変動を繰り返し、揺らぎながら減ってゆく

エストロゲンは思春期の初経ごろから増え始め、20代でピークに。その後、30代後半から徐々に低下し始め、さらに40代後半以降はガクンと減って、更年期を迎える。

更年期にはエストロゲンが激減するが、一直線に下降するのではなく、上がったり下がったりを繰り返しながら落ちていく。この乱高下によって月経異常や心身の不調が起こる。閉経の指標となるFSH値も揺らぎながら上昇し、閉経後は高値を維持。揺らぎ現象は、小さいながら更年期前から始まっている。(データ:寺内准教授の取材をもとに作成)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

【“更年期かも”症候群って何?】
卵巣機能はあまり低下していないのに更年期と同様、月経異常などの症状が現れます

 「月経異常で受診する患者さんの中には、まだ30~40代前半なのに、もしや更年期ではと心配している人がいる」と、よしかた産婦人科(横浜市港北区)の善方裕美副院長。

 このような“かも更”の場合、月経不順の原因は、主に2つあるという。「1つは、まだ本当の更年期ほどではないが、卵巣機能が低下し始めているタイプ。もう1つは、卵巣機能は正常だが、ストレスや疲労、生活習慣の乱れなどによって自律神経の働きがおかしくなっているタイプ」と善方副院長は話す。

[画像のクリックで拡大表示]

 まずは卵巣機能の低下―。これについては月経の状態からある程度推測できる。最近、月経の状態が変わってきていないだろうか。例えば周期が以前より短くなった、あるいは長くなった、月経がだらだら長く続くようになった、また基礎体温が十分上がらず、高温期がない…。「こんな場合は、排卵が起こっていない可能性が大。卵巣機能が低下し始めたサインと考えられる」(善方副院長)。

 下図は、月経周期と基礎体温のパターンを示したもの。あなたはどれに近い?

月経異常かどうかは、月経周期と基礎体温で判断できる。基礎体温は、婦人用体温計で舌下で測定。低温期より0.3℃以上高ければ高温期といえる。(善方副院長の取材を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、自律神経に問題がある場合は、脳と卵巣との連携プレーがうまくいかないために月経が乱れる。「極端なダイエットやストレス、過労などが原因になる。このタイプは30代くらいの比較的若い人にも見られ、卵巣機能自体は正常なことが多い」と善方副院長。

脳からの指令が乱れると卵巣機能は正常でも月経が乱れたり、不調が出たりする
[画像のクリックで拡大表示]

 卵巣の働きは脳との連携プレー(右図)。脳からの指令を受けて、卵巣はエストロゲンなどの女性ホルモンを分泌する。ホルモンの司令塔である脳の視床下部は自律神経の中枢でもあるので、“かも更”で、自律神経が乱れると月経も不順になりやすく、更年期のような症状も出やすくなる。


 自律神経の働きが乱れると、疲れやすさやめまい、頭痛、冷え、イライラ、落ち込みなどの心身の不調(自律神経失調症状)も起こりやすくなる。これらの症状と月経異常が同時に起こることも珍しくない。

【治療と薬】
漢方やホルモン治療、早い対処で体調は戻る。リアル更年期の予防にも

[画像のクリックで拡大表示]

 月経不順や不調はあるけれど、まだリア更ではないから、我慢しよう―。この発想はNG。逆に、“かも更”だからこそ早く対処すべきと善方副院長はアドバイスする。「この時期から治療やセルフケアを始めておけば、本格的な更年期になってからの症状が軽くてすむ。むしろ先手を打つ、いい機会ととらえて」。

 特に更年期症状が強く出やすい可能性がある人は、“かも更”の段階から準備を。例えば、「PMSがひどかったり、産後うつになったりした人は、もともとホルモンの変動に弱いため、更年期の揺らぎに翻弄されやすい」と寺内准教授。生まじめでストレス発散が下手な人も、症状が強く出やすい傾向がある。

 月経がしばらく来なかったり、周期が以前と変わったりしているなら、まずは婦人科で診てもらおう。治療は、ホルモン剤と漢方薬が中心になる。「無月経が3カ月も続いているなど、月経異常がひどい場合や40代の場合は、最初からホルモン剤で治療する。症状が比較的軽く、他の体調不良なども伴うようなら、まずは漢方薬で様子を見ることが多い」と善方副院長。

 ホルモン治療では、エストロゲンなどの女性ホルモンを補って、正常な月経周期や排卵を回復させる。一方、リア更でも“かも更”でも、「この時期よく使われる3大漢方は、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」と寺内准教授。イライラが強い場合は「抑肝散(よくかんさん)がよく効く」(善方副院長)。ホルモン剤と漢方薬を併用することも多い。

 「卵巣機能が多少低下していても、早めに対処すれば、正常な状態に戻ることもある。その後に来る更年期症状の予防にもつながる」と善方副院長。

「“更年期かも”症候群」の代表的なホルモン治療

正常な月経を回復させる「カウフマン療法」

[画像のクリックで拡大表示]

 無月経の場合は、月経周期に合わせて、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモン剤を投与。3周期服用し、卵巣を刺激して乱れたホルモンバランスを整え、正常な月経、排卵を取り戻す。なお、月経が来ない、周期が短い(長い)、月経がだらだら続くといった場合には、黄体期をホルモン剤で整える「ホルムストルム療法」が行われる。

漢方薬も有効

 漢方薬は、“かも更”にもリア更にも効果的。月経異常だけでなく、めまいや冷え、不眠など心身の不調も一緒に和らげてくれる。「当帰芍薬散」などの漢方薬は婦人科でよく処方される(健康保険が適用)。もちろん市販薬もあるので、体質に合ったものを選ぼう。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 抑肝散(よくかんさん)
いつ閉経するかは人によって違う。
喫煙者は閉経が早くなる
閉経年齢は50歳ごろが平均的だが、個人差がある。40歳未満だと「早発閉経」と呼ばれ、骨や血管の老化を防ぐために少量の女性ホルモンを補充する治療を薦められる。「喫煙者や強いストレスにさらされている人、低栄養の人、BMIが18.5未満のやせの人も、閉経が早くなりがち」と善方副院長。一方、子宮筋腫がある人は閉経が数年遅い傾向に。

【セルフケア】
新発見! 抗酸化成分が症状を軽くする。
ヨガ&汗をかく運動も◎

 セルフケアも、“かも更”の段階から始めておきたい。まずは体の変化を知るためにも、基礎体温をつけよう。毎日でなくてもいいので、月経周期や高温期の有無、出血の状態などをチェックしておくといい。

基礎体温は4つのポイントでチェック
  1. 月経は何日ある?

     だらだら出血したり、逆に少量の出血ですぐに終わったりしてない?

  2. 高温期はある?

     本来は排卵を境に体温がぐっと上がる。低温期より0.3℃以上高くなったら高温期といえる。

  3. 高温期は何日?

     通常は約2週間。10日未満の場合は黄体機能不全の可能性が。逆に、3週間以上続けば妊娠。

  4. 次の月経は何日後?

     前の月経の始まりから、次の月経が始まる前日までが1周期。25~38日以内が正常範囲とされる。

朝、目が覚めたら、床の中で測る。目盛りの細かい婦人用体温計を使うのが基本。多少測り忘れてもかまわない。おおよその変動をつかむようにしよう。低温期と高温期がある2相性になっていたら、排卵している証拠。高温期が短い、または、ない場合は無排卵月経の可能性が。
[画像のクリックで拡大表示]

 食事も重要だ。「やせすぎは卵巣にもよくない。たんぱく質も含むバランスのよい食事で、適正なカロリーをとって」と善方副院長。

 また、寺内准教授は、「閉経には酸化ストレスが関係している。卵巣機能を少しでもよい状態に保つには、抗酸化作用のある食品をとるよう心掛けるといい」という。寺内准教授らの最新の研究では、抗酸化作用のあるブドウ種子ポリフェノールの摂取で、ホットフラッシュ(のぼせ、発汗など)や抑うつ、不眠などの更年期症状が改善することが分かった。また、トマトジュースの継続的な摂取でも、更年期症状の改善や基礎代謝アップなどが認められたという。

図◎ 抗酸化成分が更年期症状を改善
更年期症状のある40~60歳未満の女性96人が対象。ブドウ種子ポリフェノール(プロアントシアニジン)を1日200mg(高用量群)、100mg(低用量群)、偽サプリの3群に分け、それぞれ2カ月間摂取し続けた。その結果、高用量群でホットフラッシュの改善が確認された。(データ:Menopause;21,9,990-996,2014)
[画像のクリックで拡大表示]

 豆腐や納豆などの大豆製品も積極的にとりたい。大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用のほか、抗酸化作用もある。

 サプリメントなどを活用してもいい。「症状がひどくなる前に試す価値はある」と善方副院長。例えば、大豆イソフラボンの活性を高めた大豆発酵成分「エクオール」のサプリや、この時期に必要な生薬やビタミンを複数配合した市販薬などは、“かも更”にも向いている。

 運動も欠かせない。「運動時には自律神経がフルに働く。ウオーキングなど、屋外で日光を浴びながら一汗かくのがいい。汗をかくと自律神経の乱れもリセットしやすい。ヨガやアロマもお薦め」と善方副院長。

 “かも更”対策は日々のセルフケアから。続ければ、この先に訪れるリア更も軽くなるはず!

(取材・文:佐田節子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2015年8月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)