日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 日経Gooday For Women  > 働くオンナの保健室  > この不調、“更年期かも”症候群? それともリアル更年期?  > 4ページ目
印刷

働くオンナの保健室

この不調、“更年期かも”症候群? それともリアル更年期?

“かも更”の段階で治療を始めて、“リア更”に先手を打つ

【治療と薬】
漢方やホルモン治療、早い対処で体調は戻る。リアル更年期の予防にも

[画像のクリックで拡大表示]

 月経不順や不調はあるけれど、まだリア更ではないから、我慢しよう―。この発想はNG。逆に、“かも更”だからこそ早く対処すべきと善方副院長はアドバイスする。「この時期から治療やセルフケアを始めておけば、本格的な更年期になってからの症状が軽くてすむ。むしろ先手を打つ、いい機会ととらえて」。

 特に更年期症状が強く出やすい可能性がある人は、“かも更”の段階から準備を。例えば、「PMSがひどかったり、産後うつになったりした人は、もともとホルモンの変動に弱いため、更年期の揺らぎに翻弄されやすい」と寺内准教授。生まじめでストレス発散が下手な人も、症状が強く出やすい傾向がある。

 月経がしばらく来なかったり、周期が以前と変わったりしているなら、まずは婦人科で診てもらおう。治療は、ホルモン剤と漢方薬が中心になる。「無月経が3カ月も続いているなど、月経異常がひどい場合や40代の場合は、最初からホルモン剤で治療する。症状が比較的軽く、他の体調不良なども伴うようなら、まずは漢方薬で様子を見ることが多い」と善方副院長。

 ホルモン治療では、エストロゲンなどの女性ホルモンを補って、正常な月経周期や排卵を回復させる。一方、リア更でも“かも更”でも、「この時期よく使われる3大漢方は、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」と寺内准教授。イライラが強い場合は「抑肝散(よくかんさん)がよく効く」(善方副院長)。ホルモン剤と漢方薬を併用することも多い。

 「卵巣機能が多少低下していても、早めに対処すれば、正常な状態に戻ることもある。その後に来る更年期症状の予防にもつながる」と善方副院長。

「“更年期かも”症候群」の代表的なホルモン治療

正常な月経を回復させる「カウフマン療法」

[画像のクリックで拡大表示]

 無月経の場合は、月経周期に合わせて、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモン剤を投与。3周期服用し、卵巣を刺激して乱れたホルモンバランスを整え、正常な月経、排卵を取り戻す。なお、月経が来ない、周期が短い(長い)、月経がだらだら続くといった場合には、黄体期をホルモン剤で整える「ホルムストルム療法」が行われる。

漢方薬も有効

 漢方薬は、“かも更”にもリア更にも効果的。月経異常だけでなく、めまいや冷え、不眠など心身の不調も一緒に和らげてくれる。「当帰芍薬散」などの漢方薬は婦人科でよく処方される(健康保険が適用)。もちろん市販薬もあるので、体質に合ったものを選ぼう。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 抑肝散(よくかんさん)
いつ閉経するかは人によって違う。
喫煙者は閉経が早くなる
閉経年齢は50歳ごろが平均的だが、個人差がある。40歳未満だと「早発閉経」と呼ばれ、骨や血管の老化を防ぐために少量の女性ホルモンを補充する治療を薦められる。「喫煙者や強いストレスにさらされている人、低栄養の人、BMIが18.5未満のやせの人も、閉経が早くなりがち」と善方副院長。一方、子宮筋腫がある人は閉経が数年遅い傾向に。

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.