日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > この不調、“更年期かも”症候群? それともリアル更年期?  > 5ページ
印刷

働くオンナの保健室

この不調、“更年期かも”症候群? それともリアル更年期?

“かも更”の段階で治療を始めて、“リア更”に先手を打つ

【セルフケア】
新発見! 抗酸化成分が症状を軽くする。
ヨガ&汗をかく運動も◎

 セルフケアも、“かも更”の段階から始めておきたい。まずは体の変化を知るためにも、基礎体温をつけよう。毎日でなくてもいいので、月経周期や高温期の有無、出血の状態などをチェックしておくといい。

基礎体温は4つのポイントでチェック
  1. 月経は何日ある?

     だらだら出血したり、逆に少量の出血ですぐに終わったりしてない?

  2. 高温期はある?

     本来は排卵を境に体温がぐっと上がる。低温期より0.3℃以上高くなったら高温期といえる。

  3. 高温期は何日?

     通常は約2週間。10日未満の場合は黄体機能不全の可能性が。逆に、3週間以上続けば妊娠。

  4. 次の月経は何日後?

     前の月経の始まりから、次の月経が始まる前日までが1周期。25~38日以内が正常範囲とされる。

朝、目が覚めたら、床の中で測る。目盛りの細かい婦人用体温計を使うのが基本。多少測り忘れてもかまわない。おおよその変動をつかむようにしよう。低温期と高温期がある2相性になっていたら、排卵している証拠。高温期が短い、または、ない場合は無排卵月経の可能性が。
[画像のクリックで拡大表示]

 食事も重要だ。「やせすぎは卵巣にもよくない。たんぱく質も含むバランスのよい食事で、適正なカロリーをとって」と善方副院長。

 また、寺内准教授は、「閉経には酸化ストレスが関係している。卵巣機能を少しでもよい状態に保つには、抗酸化作用のある食品をとるよう心掛けるといい」という。寺内准教授らの最新の研究では、抗酸化作用のあるブドウ種子ポリフェノールの摂取で、ホットフラッシュ(のぼせ、発汗など)や抑うつ、不眠などの更年期症状が改善することが分かった。また、トマトジュースの継続的な摂取でも、更年期症状の改善や基礎代謝アップなどが認められたという。

図◎ 抗酸化成分が更年期症状を改善
更年期症状のある40~60歳未満の女性96人が対象。ブドウ種子ポリフェノール(プロアントシアニジン)を1日200mg(高用量群)、100mg(低用量群)、偽サプリの3群に分け、それぞれ2カ月間摂取し続けた。その結果、高用量群でホットフラッシュの改善が確認された。(データ:Menopause;21,9,990-996,2014)
[画像のクリックで拡大表示]

 豆腐や納豆などの大豆製品も積極的にとりたい。大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用のほか、抗酸化作用もある。

 サプリメントなどを活用してもいい。「症状がひどくなる前に試す価値はある」と善方副院長。例えば、大豆イソフラボンの活性を高めた大豆発酵成分「エクオール」のサプリや、この時期に必要な生薬やビタミンを複数配合した市販薬などは、“かも更”にも向いている。

 運動も欠かせない。「運動時には自律神経がフルに働く。ウオーキングなど、屋外で日光を浴びながら一汗かくのがいい。汗をかくと自律神経の乱れもリセットしやすい。ヨガやアロマもお薦め」と善方副院長。

 “かも更”対策は日々のセルフケアから。続ければ、この先に訪れるリア更も軽くなるはず!

(取材・文:佐田節子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2015年8月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.