日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 女性が心配な病気No.1の「乳がん」 早期なら“切らない治療法”も  > 3ページ目
印刷

働くオンナの保健室

女性が心配な病気No.1の「乳がん」 早期なら“切らない治療法”も

高濃度乳房だと見つかりにくく、リスクも高い

【乳がん検診とセルフチェック】
検診で乳腺密度を聞いてみよう 高濃度乳房ならエコー検査の併用を

 乳がんが増える40歳以降は、定期的に乳がん検診を受けたい。代表的なのは乳房を挟んでレントゲン撮影をするマンモグラフィ検診(以下マンモ)。触ってもわからないような、ごく早期の乳がんも発見できる。ただし、画像では乳腺もがんも白く写るため、乳腺密度が高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」だとがんを見分けるのが難しい。

高濃度乳房なら、40歳以降、マンモとエコーの併用を
乳腺密度に応じて検診内容の工夫を。40歳以上で高濃度乳房でない人はマンモを。高濃度乳房の人はエコーの併用、あるいはマンモとエコーを交互に受けるのもいい。40歳未満なら、マンモではなくエコーが第一選択。ただし遺伝性乳がんの可能性がある場合は、「定期的にマンモとエコー、さらにはMRI検診も受けるのがいい」(中村教授)。

 乳腺密度は4タイプに分類され(下写真)、乳腺が多く脂肪が少ない2タイプが高濃度乳房とされる。「高濃度乳房だと、マンモでがんを見つけにくいだけでなく、乳がんの発症リスクも上がる」と福間主任部長。アジア人女性はもともと高濃度乳房が多く、「乳腺密度を自動測定する装置を用いた我々の研究では、検診受診者の約8割が該当。閉経後は徐々に乳腺が脂肪に置き換わっていくものの、60代、70代でも6割以上が高濃度乳房だった」と中村教授。

乳腺密度は4タイプ 日本人女性は高濃度乳房が多い
乳房内の乳腺と脂肪の割合には4タイプある。乳腺が全体の80〜90%を占める「極めて高濃度」と、50~60%ある「不均一高濃度」の2つが高濃度乳房に属する。高濃度乳房は一般に若い女性に多く、高齢になるにつれ減少すると考えられてきたが、閉経後でも高濃度のままの人が意外に多いことがわかってきた。(写真提供:中村教授)

 高濃度乳房の場合は、がんの見逃しを防ぐために、マンモに加えて超音波(エコー)検査を。併用によって発見率が1.5倍増えると報告されている。「まずは自分が高濃度乳房かどうかを知ることが重要」と中村教授。「検診後、医療機関に問い合わせてみるといい」と福間主任部長も助言する。

月経開始から10日目のチェックを習慣にしよう

1.

しこり、くぼみなど 異常がないかをチェック!

CHECK!!

しこりがないか

乳首が陥没していないか

乳首から汁が出ていないか

乳首がただれていないか

皮膚がひきつれていないか

皮膚にへこみがないか

赤く腫れていないか

検診に加え、毎月のセルフチェックも忘れずに。「月経開始から10日目頃は、乳房の張りが最も少ないのでチェックしやすい」と福間主任部長。なお、がんの発生部位で一番多いのは外側上部(上図)。乳房全体からわきの下まで上記の項目をチェックしよう。異常があれば放置せず、乳腺科や乳腺外科を受診して。

2.

乳房が大きい人は、横になって枕を使うとわかりやすい

乳房が大きい場合は、あおむけに寝てチェックする側の胸の下に薄い枕を敷くと、乳房が垂れず均一に広がるので調べやすい。片腕は頭の後ろに上げ、反対の手で軽く圧迫しながら、しこりの有無をチェックしよう。

※「がんが発生しやすい部位」のデータは全国乳がん患者登録調査報告,第32号.2000より作成

がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.