日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 女性が心配な病気No.1の「乳がん」 早期なら“切らない治療法”も  > 2ページ目
印刷

働くオンナの保健室

女性が心配な病気No.1の「乳がん」 早期なら“切らない治療法”も

高濃度乳房だと見つかりにくく、リスクも高い

【乳がんの基礎知識】
かかりやすいが、“治しやすい”がん 発症・再発のリスクは年をとっても続く

 女性がかかるがんで最も多いのが、乳がん。この30年間で約4倍に増え、日本人女性の11人に1人が発症している。30代後半から増え始め、ピークは60代、次に多いのが40代だ。70代以降での発症も少なくない。

乳がん罹患数は年々増加 40代と60代に発症ピークがある
乳がんは罹患数が年々増加している。年代別には60代と40代に特に多く、「もともとアジアでは40代が、欧米では60代以降が多い。日本でも近年は欧米型の“閉経後乳がん”が増えてきた。アジアと欧米の両方の特徴を併せ持った形」と福間主任部長。背景には食生活の欧米化や体格向上などがあると考えられる。

 「罹患数は1位だが、死亡率は5位と、他のがんに比べて予後がいいのが乳がんの特徴。ただし手術後10年くらいは再発の可能性が消えないので、他のがんよりも長い経過観察が必要」と昭和大学医学部乳腺外科の中村清吾教授は話す。

乳がんは女性罹患数1位だが今では“治りやすい”病気
女性のがん罹患数1位は乳がん。一方、女性のがん死亡数のトップ3は大腸がん、肺がん、すい臓がんで、乳がんは5位。乳がんは検診などで早期発見が可能で、他のがんより治しやすい傾向がある。

 乳がんは、乳房の中にある乳腺にできるがんだ。発症には女性ホルモンのエストロゲンの影響が大きく、初潮が早い(11歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)、初産年齢が遅い、出産・授乳経験がないなどが、発症リスクを高める。「つまり、月経回数が多く、エストロゲンにさらされる期間が長いほどリスクが上がる」と中村教授。なお、閉経すると卵巣からのエストロゲンの分泌は止まるが、脂肪からエストロゲンが作られるので、閉経後の肥満には要注意。閉経前でも、BMIが大きいほどリスクが上がるとの報告がある。

乳がんの多くは乳管にできる
乳房は、主に乳腺組織と脂肪で構成される。乳腺組織は母乳を作る小葉と、それを乳頭まで運ぶ乳管からなり、乳がんの多くは小葉に近い乳管で発生する。がん細胞が乳管と小葉の中にとどまっているのが「非浸潤がん」、外に出てしまったのが「浸潤がん」だ。浸潤がんになると、転移や再発をする危険がある。

 また、食事や生活習慣も乳がん発症との関係が指摘されている。「発症リスクを上げるのは、飲酒や喫煙、夜更かしなど。逆に大豆食品の摂取や運動は発症予防に働く」と亀田総合病院乳腺科の福間英祐主任部長。

コラム

ハイリスクの「遺伝性乳がん」も

親子、姉妹などの近親者に乳がん経験者がいる場合も発症リスクが高まる。もし40歳未満で乳がんや卵巣がんになった近親者がいるなら、乳がんに関係する遺伝子に異常がある「遺伝性乳がん」の可能性も。「乳がん全体の5~10%と数は多くないが、そうでない人より発症リスクが6~12倍高くなり、発症年齢も早まる。可能性のある人はできれば遺伝カウンセリングと遺伝学的検査を受けて」と中村教授。

がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.