日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?
印刷

働くオンナの保健室

ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?

命にかかわる病気ではないが、つらい人は治療を考えてみよう

血管が浮き出てカッコ悪い、脚がむくむ、だるい…。 患者の大半が女性という下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)。命にかかわる病気ではないけれど、 つらい症状があれば治療でラクになる。健康保険で血管内レーザー治療も受けられる。

立ち仕事の人に多い下肢静脈瘤

下肢静脈瘤 いいあい

 脚の血管がボコボコ浮き出ている、クモの巣のように透けて見える、夕方になるとふくらはぎが重だるい…。こんな症状があれば、「下肢静脈瘤」かも。「命にかかわる病気ではないが、悩んでいる人は多い。患者数は1000万人以上と推定され、その大半が女性。見た目を気にしてスカートがはけない、温泉に行きづらいという人も。50~60代以降に多いが、30~40代でも出産後や立ち仕事をしている人には珍しくない」と銀座七丁目クリニックの金岡祐司医師。

 血管には心臓からの血液を全身に送り出す「動脈」と、使い終わった血液を心臓に戻す「静脈」がある。脚の静脈は重力に逆らって血液を心臓に送り返すため、血管内には逆流を防ぐ「ハ」の字形の弁がいくつも付いている。

 ところが、長い間立ったままでいたり、運動不足で筋肉の収縮が不十分だったりすると、血液が静脈によどんで弁への圧力が増すことに。こんな状態が長期間続くと、やがて弁が壊れ、静脈に血液がたまって、その部分が瘤(こぶ)のように膨れてくる。これが下肢静脈瘤だ。

 症状によって、「伏在(ふくざい)型」「側枝(そくし)型」「網目・クモの巣状」「陰部静脈瘤」の主に4タイプに分けられる。このうち症状が強く、治療すると劇的に良くなるのが「伏在型」と「陰部静脈瘤」だ。

図1◎ 下肢静脈瘤のチェックリスト
下肢静脈瘤のチェックリスト
[画像のクリックで拡大表示]

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.