日経グッデイ

働くオンナの保健室

ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?

命にかかわる病気ではないが、つらい人は治療を考えてみよう

血管が浮き出てカッコ悪い、脚がむくむ、だるい…。 患者の大半が女性という下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)。命にかかわる病気ではないけれど、 つらい症状があれば治療でラクになる。健康保険で血管内レーザー治療も受けられる。

立ち仕事の人に多い下肢静脈瘤

下肢静脈瘤 いいあい

 脚の血管がボコボコ浮き出ている、クモの巣のように透けて見える、夕方になるとふくらはぎが重だるい…。こんな症状があれば、「下肢静脈瘤」かも。「命にかかわる病気ではないが、悩んでいる人は多い。患者数は1000万人以上と推定され、その大半が女性。見た目を気にしてスカートがはけない、温泉に行きづらいという人も。50~60代以降に多いが、30~40代でも出産後や立ち仕事をしている人には珍しくない」と銀座七丁目クリニックの金岡祐司医師。

 血管には心臓からの血液を全身に送り出す「動脈」と、使い終わった血液を心臓に戻す「静脈」がある。脚の静脈は重力に逆らって血液を心臓に送り返すため、血管内には逆流を防ぐ「ハ」の字形の弁がいくつも付いている。

 ところが、長い間立ったままでいたり、運動不足で筋肉の収縮が不十分だったりすると、血液が静脈によどんで弁への圧力が増すことに。こんな状態が長期間続くと、やがて弁が壊れ、静脈に血液がたまって、その部分が瘤(こぶ)のように膨れてくる。これが下肢静脈瘤だ。

 症状によって、「伏在(ふくざい)型」「側枝(そくし)型」「網目・クモの巣状」「陰部静脈瘤」の主に4タイプに分けられる。このうち症状が強く、治療すると劇的に良くなるのが「伏在型」と「陰部静脈瘤」だ。

図1◎ 下肢静脈瘤のチェックリスト
下肢静脈瘤のチェックリスト
[画像のクリックで拡大表示]

 伏在型は、太ももの内側から足首にかけて走る伏在静脈に瘤ができるもの。静脈がボコボコと盛り上がり、脚のむくみやだるさなどの症状が強く出る。

 一方、30~40代の女性に見られるのが、陰部静脈瘤。卵巣や子宮周囲から脚の付け根を通って太もも裏側へと走る静脈に瘤ができる。「月経中や妊娠時に脚がむくんだり、太ももの裏側が痛んだりする。目立たない場所にあるので、静脈瘤の存在自体に気づかないことも多いが、症状は強く、悩んでいる女性は意外に多い」と、お茶の水血管外科クリニックの広川雅之院長。月経のたびに思い当たる症状がある人は、陰部静脈瘤の可能性が大だ。

 また、青色や赤紫色の静脈がひざ裏などに浮き出るのは、「網目・クモの巣状静脈瘤」。見た目を気にする人が多いが、症状がないので治療は特に必要ない。各症状に合った治療法を紹介しよう。

【ここが知りたい!】
静脈の血の塊が心臓や脳に飛ぶって本当?
静脈瘤は浅い静脈で起こるので、その心配はありません。

 脚の静脈にできた血の塊(血栓)が肺の血管に飛んで詰まってしまう「深部静脈血栓症」。いわゆる“エコノミークラス症候群”と下肢静脈瘤を混同して心配している人もいるようだ。「血栓が飛ぶのは、脚の深い場所にある静脈から。下肢静脈瘤はこれとは違って、脚の浅いところを走る静脈で起こる。両者の間に直接的な関係はないので心配はいらない」と広川院長。

下肢静脈瘤ができる箇所
下から上へと血液を送っているのが、脚の静脈。この血管内では薄い弁が何カ所にもあって、開いたり閉じたりしながら血液の逆流を防いでいる。下肢静脈瘤は、この弁が壊れ、逆流した血液がたまって瘤のように盛り上がった状態。弁は上から壊れていくので、ふくらはぎに静脈瘤があれば太ももも同様の状態だ。ただし、太ももの静脈は硬い膜の間にあるので、デコボコしにくい。静脈瘤は皮膚に近い浅いところの静脈にできる。
[画像のクリックで拡大表示]

下肢静脈瘤の主な4タイプと治療法

伏在型静脈瘤 → 血管内レーザー治療、ストリッピング手術など

伏在型静脈瘤

 皮膚から浅い場所にある伏在静脈にできる。瘤が大きく盛り上がり、脚のだるさや疲れなども伴う。ひどくなると脚に湿疹や皮膚炎、潰瘍ができることも。


側枝型静脈瘤 → 硬化療法など

側枝型静脈瘤

 伏在静脈から枝分かれした側枝静脈が、拡張して蛇行しながら脚の横側に浮き出てくる。伏在型に比べると小さく、症状も軽い。患者数はあまり多くない。


陰部静脈瘤 → 硬化療法など

陰部静脈瘤

 脚の付け根から太もも裏に向かって血管が浮き上がる。月経中に太もも裏側に痛みや熱感、脚のむくみなどが出て、つらい。放置していると閉経まで続く。


網目・クモの巣状静脈瘤 → 硬化療法、皮膚表面へのレーザー治療など

網目・クモの巣状静脈瘤

 皮下を走るごく細い静脈が拡張して、網目やクモの巣のように透けて見える。太ももの裏やひざ裏に出やすい。基本的に症状はなく、外見上の問題だけ。


(写真提供:広川院長)

レーザーや硬化剤で壊れた血管を“焼く・固める・引き抜く”3大治療

 下肢静脈瘤の治療は、大きく3つ。脚を圧迫する弾性ストッキングなどで症状を抑える「保存療法」、薬で静脈瘤の血管を固めてつぶす「硬化療法」、静脈瘤のある血管をレーザーで焼いたり、抜き取ったりする「手術療法」だ。「静脈瘤のタイプや重症度に応じて、治療法を選択する。保険が認められたことで、最近は血管内レーザー治療が急速に増えている」と金岡医師。もっとも、この病気は命にかかわらないので、つらい症状がなければ必ずしも治療をしなくていい。「実際、来院した患者さんの半数は、検査の結果、治療の必要がない」と広川院長。また網目・クモの巣状など、症状のない軽度の静脈瘤では、美容上の理由で治療を望む人がいるが、治療後に色素沈着が残ることも。医師と十分相談を。

ボコボコタイプには血管内レーザー小さな傷跡で日帰り手術も

 2011年1月から健康保険が適用され、導入する医療機関が増えているのが、「血管内レーザー治療」。血管がボコボコ膨らんだ伏在型や側枝型の一部に適している。

 局所麻酔をして皮膚の上から細い針を刺し、レーザーファイバーを太ももの静脈に挿入。血管の内側をレーザーの高熱で焼いてふさぐ。「以前は皮膚を切開して静脈を取り除いていたが、レーザー治療なら傷口が小さく、術後の痛みや出血も少ない。所要時間は30分程度で、日帰りで受けられる」と金岡医師。

 なお、ふくらはぎの静脈瘤に対しては、レーザー治療に加え、「瘤(りゅう)切除術」も実施すると、治りがいい。「皮膚を数ミリ切開して、ボコボコに膨らんだ瘤の部分の血管を抜き取る。傷口が小さいので、治療後は縫わずにテープを貼るだけ。傷跡も残らない。レーザー治療と一緒に行うことで、後で追加治療をしなくてもすむ」と金岡医師。

血管内レーザー治療
(写真提供:金岡医師)
[画像のクリックで拡大表示]
こんな人に血管がボコボコ浮き出た伏在型、側枝型の一部。
特徴局所麻酔で、小さな傷ですむ。術後の痛みや出血も少なく、体への負担が軽い。治療費は片脚で5万円程度(3割負担の場合)
注意点太ももにレーザー治療、ふくらはぎに瘤切除術、これらをセットで受けるのがベスト。血管内レーザー治療の実績が豊富な医療機関を選んで

網目・陰部タイプに硬化療法泡状の硬化剤を注射

 血管を固める硬化剤を注射し、弾性ストッキングで脚を圧迫して静脈瘤をつぶす。これが「硬化療法」だ。「最近は泡状の硬化剤を使用する『フォーム硬化療法』を導入する医療機関が増えている。泡状だと薬が患部にしっかりとどまるので、使用する薬の量も少なくてすむ。効果も安全性も以前より高まった」と広川院長。

 対象となるのは、陰部静脈瘤、側枝型、網目・クモの巣状、軽症の伏在型などの静脈瘤。ただし、妊娠中は治療ができないので、出産後まで待つことになる。この治療は外来で受けられ、10〜15分ほどで終了する。

 「むくみやだるさなどの症状は1カ月ほどで楽になるが、問題は治療後の色素沈着。薄くなるのに1年以上かかるので、見た目を気にする人は注意が必要。また、注射をした場所に痛みやしこりが残ったり、再発したりする例もある」(広川院長)。

硬化療法を受けた陰部静脈瘤の女性。月経時の痛みやだるさなど、つらい症状はなくなったが、注射をした部分に色素沈着ができた。1年後にはかなり薄くなった。(写真提供:広川院長)
[画像のクリックで拡大表示]
こんな人に陰部静脈瘤、側枝型、網目・クモの巣状、軽症の伏在型、高齢者など
特徴外来で短時間に、簡単に治療できる。注射をするだけなので、傷跡が残らない。フォーム硬化療法の登場で、効果と安全性がアップ
注意点治療後、注射をしたところに頑固な色素沈着が残り、消えるまでに1年以上かかる。痛みやしこりが出る人も。再発も少なくない

重症にはストリッピング手術血管を引き抜く根治療法

 脚の付け根やひざなどを数センチ切って、静脈に細いワイヤーを通し入れ、静脈瘤になっている血管を引き抜いてしまうのが、「ストリッピング手術」だ。

 症状の強い伏在型、レーザー治療ができないような大きな静脈瘤などが対象。血管を引き抜く際に痛みがあるので、下半身や全身の麻酔が必要になる。「この手術自体は、古くから行われているもので根治率が高い。日帰り手術ができる医療機関も増えているが、現段階では3~5日程度の入院が必要なところが多い」と広川院長。なお、弁が壊れた血管は除去してしまっても支障はない。

ストリッピング手術
ふくらはぎの血管が盛り上がった伏在型静脈瘤。ストリッピング手術で患部の血管を除去した。治療から1年後、傷はほとんど残っていない。(写真提供:広川院長)
[画像のクリックで拡大表示]
こんな人に重症の伏在型、レーザー治療ができない大きな静脈瘤など
特徴静脈瘤のできている血管自体を取り除くので、再発が少なく、根治率が高い。長年の治療実績が確認されている
注意点下半身、もしくは全身麻酔が必要なことも。日帰り手術も可能だが、多くは3~5日程度の入院に。痛みや神経障害などの後遺症が出ることも
【ここが知りたい!】
3大治療の信頼できる医療機関を見つけるには?
レーザーだけで100例以上が1つの目安

 「基本は保険診療をしているところ。自費でのレーザー治療を強く薦める医師には注意したほうがいい。またレーザー治療は比較的新しい治療法なので、年に100例以上実施している施設を選びたい。『血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会』で認定された実施医と指導医の一覧がウェブにあるので参考に」と広川院長。

悪化させないポイントは弾性ストッキングや足首起こし+深呼吸

 静脈瘤を悪化させないためには、セルフケアも重要。弾性ストッキングは脚を圧迫して、血液の逆流を抑える。「むくみやだるさなどの症状がつらい人は試してみるといい。はいて楽になるなら続けて」と広川院長。また、立ち仕事やデスクワークをしている人にお薦めなのが、「足首起こし」と深呼吸。「かかとを床につけたまま、つま先をぐっと持ち上げるだけで、静脈の血流が改善する。深呼吸もいい。背伸びしながら息をスーッと吸い込むと、静脈の血液も一緒に心臓に汲み上げられる」(広川院長)。立ったまま、座ったままの状態が長い人は、1時間に1回、それぞれ10回ずつ続けて。

 ほかにも、まめに歩く、足踏みをする、フットスツールを使う、クッションなどを足の下に敷き、脚が心臓よりも高い状態で寝る、なども効果的。試してみて!

足首起こしと深呼吸
つま先を持ち上げて、足首をトン、トンと起こす。背筋を伸ばして深呼吸も。これらを1時間おきに各10回程度続けて、静脈の血流を促そう。デスクワーク中でも簡単にできるので、ぜひやってみて!
[画像のクリックで拡大表示]

(取材・文:佐田節子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2013年6月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

日経グッデイ春割キャンペーン