日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?  > 4ページ目
印刷

働くオンナの保健室

ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?

命にかかわる病気ではないが、つらい人は治療を考えてみよう

レーザーや硬化剤で壊れた血管を“焼く・固める・引き抜く”3大治療

 下肢静脈瘤の治療は、大きく3つ。脚を圧迫する弾性ストッキングなどで症状を抑える「保存療法」、薬で静脈瘤の血管を固めてつぶす「硬化療法」、静脈瘤のある血管をレーザーで焼いたり、抜き取ったりする「手術療法」だ。「静脈瘤のタイプや重症度に応じて、治療法を選択する。保険が認められたことで、最近は血管内レーザー治療が急速に増えている」と金岡医師。もっとも、この病気は命にかかわらないので、つらい症状がなければ必ずしも治療をしなくていい。「実際、来院した患者さんの半数は、検査の結果、治療の必要がない」と広川院長。また網目・クモの巣状など、症状のない軽度の静脈瘤では、美容上の理由で治療を望む人がいるが、治療後に色素沈着が残ることも。医師と十分相談を。

ボコボコタイプには血管内レーザー小さな傷跡で日帰り手術も

 2011年1月から健康保険が適用され、導入する医療機関が増えているのが、「血管内レーザー治療」。血管がボコボコ膨らんだ伏在型や側枝型の一部に適している。

 局所麻酔をして皮膚の上から細い針を刺し、レーザーファイバーを太ももの静脈に挿入。血管の内側をレーザーの高熱で焼いてふさぐ。「以前は皮膚を切開して静脈を取り除いていたが、レーザー治療なら傷口が小さく、術後の痛みや出血も少ない。所要時間は30分程度で、日帰りで受けられる」と金岡医師。

 なお、ふくらはぎの静脈瘤に対しては、レーザー治療に加え、「瘤(りゅう)切除術」も実施すると、治りがいい。「皮膚を数ミリ切開して、ボコボコに膨らんだ瘤の部分の血管を抜き取る。傷口が小さいので、治療後は縫わずにテープを貼るだけ。傷跡も残らない。レーザー治療と一緒に行うことで、後で追加治療をしなくてもすむ」と金岡医師。

血管内レーザー治療
(写真提供:金岡医師)
[画像のクリックで拡大表示]
こんな人に血管がボコボコ浮き出た伏在型、側枝型の一部。
特徴局所麻酔で、小さな傷ですむ。術後の痛みや出血も少なく、体への負担が軽い。治療費は片脚で5万円程度(3割負担の場合)
注意点太ももにレーザー治療、ふくらはぎに瘤切除術、これらをセットで受けるのがベスト。血管内レーザー治療の実績が豊富な医療機関を選んで

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.