日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 日経Gooday For Women  > 働くオンナの保健室  > ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?  > 3ページ目
印刷

働くオンナの保健室

ひざ裏の血管、脚のだるさ…それって下肢静脈瘤?

命にかかわる病気ではないが、つらい人は治療を考えてみよう

下肢静脈瘤の主な4タイプと治療法

伏在型静脈瘤 → 血管内レーザー治療、ストリッピング手術など

伏在型静脈瘤

 皮膚から浅い場所にある伏在静脈にできる。瘤が大きく盛り上がり、脚のだるさや疲れなども伴う。ひどくなると脚に湿疹や皮膚炎、潰瘍ができることも。


側枝型静脈瘤 → 硬化療法など

側枝型静脈瘤

 伏在静脈から枝分かれした側枝静脈が、拡張して蛇行しながら脚の横側に浮き出てくる。伏在型に比べると小さく、症状も軽い。患者数はあまり多くない。


陰部静脈瘤 → 硬化療法など

陰部静脈瘤

 脚の付け根から太もも裏に向かって血管が浮き上がる。月経中に太もも裏側に痛みや熱感、脚のむくみなどが出て、つらい。放置していると閉経まで続く。


網目・クモの巣状静脈瘤 → 硬化療法、皮膚表面へのレーザー治療など

網目・クモの巣状静脈瘤

 皮下を走るごく細い静脈が拡張して、網目やクモの巣のように透けて見える。太ももの裏やひざ裏に出やすい。基本的に症状はなく、外見上の問題だけ。


(写真提供:広川院長)

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.