日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 働くオンナの保健室  > 膀胱炎をしっかり治す  > 4ページ目
印刷

働くオンナの保健室

膀胱炎をしっかり治す

トイレ日誌で原因が分かる、繰り返す人は薬を替える

抗菌薬が効かない間質性膀胱炎
治療は水圧拡張術やレーザーで

間質性膀胱炎のメカニズム
間質性膀胱炎のメカニズム
膀胱の粘膜が何らかの原因で破綻し、粘膜下層の間質という部分が炎症を起こす。そこに尿が染みて知覚神経を刺激し、痛みが出る。症状が進むと、間質の炎症部分が線維化して、膀胱が萎縮してくる。
[画像のクリックで拡大表示]

 間質性膀胱炎は日本ではまだなじみのない病気だが、国内の患者数は1万人前後といわれている。長引く膀胱炎は間質性膀胱炎の可能性もある。「膀胱の粘膜の下にある間質という部分に慢性の炎症変化が見られるため問質性膀胱炎と呼ばれるが、まだ原因は不明」と嘉村部長。

 主な症状は、尿がたまったときに起きる下腹痛と頻尿、尿意切迫感。「膀胱の粘膜が破綻した部分から、尿が染み込んで知覚神経を刺激。そのため尿が膀胱にたまると痛みを引き起こす。排尿すると痛みが和らぐので、尿がたまる前に出そうとして頻尿になる」と巴教授。

 早ければ20代で発症し、ゆっくり進行して中高年になって診断がつくことが多い。「初期にははっきりした症状が出るわけではなく、細菌性膀胱炎と間違えられることも。ただ症状は昼夜を問わず、夜間も頻繁にトイレに起きてしまうことが特徴で、これが診断の決め手の一つ。3日間でもトイレ日誌をつけておくと診断に役立つ」と巴教授。

 治療は診断も兼ねてまず膀胱水圧拡張を行うことが薦められる。膀胱鏡で膀胱内を観察しながら水圧で拡張するもので、間質性膀胱炎であれば広範な点状出血かハンナー潰瘍(かいよう)とよばれるビロード状の病変を確認できる。「ハンナー潰瘍を膀胱粘膜に認める場合は電気メスで焼灼すると痛みが止まることも多い。症状を引き起こす飲食物を見つけ出し、それらを避けることも大切。柑橘類やカフェインは症状を増悪させると言われている」と嘉村部長。間質性の疑いがある人は、泌尿器科を受診し専門医に相談を。

間質性膀胱炎の主な外科的治療
  • 潰瘍を焼灼 レーザー治療

    間質性膀胱炎の5~10%に見られるハンナー潰瘍(膀胱の粘膜層にできるビロード状の赤くただれた潰瘍)を電気メスやレーザーで焼灼する。病変部分を破壊することで、粘膜の再生を促す。1泊2日でOK。

  • 膀胱を広げて病変を破壊 水圧拡張術

    膀胱に生理食塩水を注入し、水の力で風船を膨らますように膀胱を拡げる。同時に、炎症で線維化した病変を剥離させ、粘膜の再生を促す。蓄尿量が増え、頻尿や下腹部痛の改善が見込める。1泊2日でOK。

【膀胱炎の常識・非常識 その3】

温水洗浄便座を使っていれば大丈夫?

×実は意外に汚れてます

 「洗浄ノズルは掃除の際も見落とされがちで意外に汚れていることが。逆に、汚染された温水で細菌感染を招くこともあるので、ノズルは清潔に」(巴教授)。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.