日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 下腹だけぽっこり…それって子宮筋腫・卵巣のう腫?  > 4ページ目

働くオンナの保健室

下腹だけぽっこり…それって子宮筋腫・卵巣のう腫?

治療法の選択は妊娠の希望によって決まる

 子宮筋腫や卵巣のう腫があると、手術で取らなければならないの? 答えは両者で異なる。「子宮筋腫は症状がなければ経過観察だけで大丈夫だが、過多月経や貧血などの症状があって、日常生活に支障が出ている場合は、手術などの治療が必要になる。一方、卵巣のう腫は症状がなくても、のう腫を手術で取り除くのが基本」と森田教授。

 まずは子宮筋腫の治療―。これには大きく薬物療法と手術療法がある。薬物療法では、つらい症状を抑えるのが先決。例えば過多月経で鉄欠乏性貧血がひどければ鉄剤が、痛みが強ければ鎮痛薬が処方される。

 さらに「GnRHアゴニスト」というホルモン剤(点鼻薬と注射)が使われることも。筋腫の成長にはエストロゲンが深くかかわっているので、薬でこれを抑えると筋腫は一時的に小さくなる。ただし、この薬を続けて使えるのは6カ月間まで。「閉経と同様の状態になるので、長く使うと更年期のような症状が出てくる。手術前や閉経が近い場合などに使うのが原則」と百枝部長。

 そこで治療の中心になるのが、手術だ。筋腫だけ取り除く「筋腫核出術」と子宮ごと取る「子宮全摘術」などがあり、妊娠を望むかどうかが選択の鍵になる。

図4◎ 子宮筋腫の治療法
子宮筋腫の治療は妊娠の希望やライフスタイルに合わせて選ぼう。
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.