日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 下腹だけぽっこり…それって子宮筋腫・卵巣のう腫?  > 3ページ目

働くオンナの保健室

下腹だけぽっこり…それって子宮筋腫・卵巣のう腫?

治療法の選択は妊娠の希望によって決まる

 一方、卵巣のう腫は20〜30代の若い女性にできやすい。「子宮筋腫は硬いが、卵巣のう腫は中身が液体でブヨブヨと軟らかいので触ってもわかりにくい。症状はなく、大きくなって、お腹が出てきて初めて気付いたり、健診などで見つかったりすることが多い」(百枝部長)。

 主に3つのタイプがあり、最も多いのが「のう胞性奇形腫(きけいしゅ)」。のう腫の中に皮膚や髪の毛、脂肪などが詰まっている。「卵巣にある卵子が勝手に増殖して皮膚や歯などを作ってしまう。中には一部がん化するものがあるので注意が必要」と百枝部長は話す。

図3◎ 卵巣囊腫は自覚症状がほとんどなく、レントゲンやエコーで見つかることが多い
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.