日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > 下腹だけぽっこり…それって子宮筋腫・卵巣のう腫?
印刷

働くオンナの保健室

下腹だけぽっこり…それって子宮筋腫・卵巣のう腫?

治療法の選択は妊娠の希望によって決まる

ぽっこりお腹の背後に、婦人科系の病気の可能性!?その代表が子宮筋腫と卵巣のう腫。女性にとってはとても身近な病気で、月経トラブルや不妊の原因になることも。正しい病気との付き合い方、自分に合う治療法を見つけて、ぽっこりお腹ともサヨナラしよう。

 便秘でもないのにお腹がぽっこり、あおむけになると下腹部に硬いものが触れる…。そんな人は「子宮筋腫」や「卵巣のう腫」が隠れているかも。どちらも良性の腫瘍で命にかかわることはないが、月経トラブルなどの症状に悩む人も少なくない。

図1◎ 「子宮筋腫」「卵巣囊腫」…こんな症状ありませんか? チェックリスト
[画像のクリックで拡大表示]

20〜40代に多い「良性腫瘍」…自覚症状がないことも

 子宮筋腫は、月経がある女性の3〜4人に1人が持っているポピュラーな病気で、特に40代に多い。「ミリ単位の小さなものから、赤ちゃんの頭大のものまで大きさはさまざま。10cmを超えるくらいになると、硬いしこりが触れたり、お腹もぽっこり出てきたりする」と東邦大学医療センター大森病院産婦人科の森田峰人教授は話す。

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.