日経グッデイ

働くオンナの保健室

ラクにすぐ治せる女の痔

市販の漢方薬・外用薬で対処するには?

排便時に出血したり、お尻が切れて痛んだり。「もしかして痔?」と思ったらがまんしないで早めに対策しよう。今すぐできるセルフケアから、根治を目的に行う“日帰り手術”まで、ぐんとラクになった痔治療の最新情報を紹介する。

 痔は肛門疾患全体の約85%を占めるポピュラーな病気だ。

 痔核(じかく:いぼ痔)、裂肛(れっこう:切れ痔)、痔瘻(じろう:あな痔)の3つがあり、この順に患者が多い。いぼ痔は男女差がないが、切れ痔は女性、あな痔は男性に多い。

[画像のクリックで拡大表示]

 いぼ痔には、肛門奥の粘膜にできる内痔核と、出口に近い皮膚にできる外痔核があり、どちらも静脈がうっ血してできる。「肛門管にはアナルクッションと呼ばれる静脈叢(じょうみゃくそう:静脈が密集する部分)があり、血流が豊富。肛門鏡で見ると誰でも粘膜が少したるんでいる。そこに出血、脱出、痛みなどの症状が加わったものが治療を要するいぼ痔」とこじま肛門外科三宮フラワーロード診療所の野村英明院長は説明する。

こんな症状や生活習慣があれば痔を疑ってみて
  • 便秘または便が硬い
  • お尻を拭いたら血がついていた
  • 排便後に肛門がジンジン痛む
  • 排便に時間がかかる
  • 仕事で座りっぱなし、立ちっぱなしが多い
女性の痔の多くは、便秘がちだったり、硬い便を息んで無理やり出したりするクセが引き金で起こる。女性は出血で気づく痔核(いぼ痔)か、肛門の皮膚が切れる裂肛(切れ痔)のどちらかである場合が多い。

「無理やり排便」「急ぎ排便」が痔を悪化
お通じを改善するだけで多くが治る

 出血などの症状を引き起こす主因は日ごろの排便習慣だ。「女性の場合、強く息む“無理やり排便”や“急ぎ排便”で肛門に負担をかけている人が多い」とマリーゴールドクリニックの山口トキコ院長は指摘する。

 内痔核が大きくなると外痔核と一体化し、排便時に肛門から飛び出す。そうなる前に排便習慣を見直せば、これを防げる。

 肛門の皮膚が切れる切れ痔も、きっかけの多くは息み排便だ。そのため、「薬を塗らなくても、排便のコントロールさえしていれば、大概治る」と野村院長。

 一方、あな痔は大腸菌などの感染で膿瘍ができることが発端。「男性に多いのは、女性よりも便の軟らかい人が多いから。体力が落ちたときになりやすい側面もある」(野村院長)。

 そのため、あな痔対策は、下痢予防と疲労防止が重要。下の心得を参考にさっそく実践を。

 それでも症状が出て困ったら、次ページで紹介する市販薬を。

痔を悪化させない4つの心得
  • 1.スムーズなお通じを心がける

     食事と飲み物から、1日計2Lを目安に水分をとり、ちょうどいい硬さの便になるように心がけよう。食物繊維豊富な食材も快便につながる。下痢しやすい人は、暴飲暴食や冷たいもののとり過ぎに注意。

  • 2.排便の気配に素直に従う

     健康的なお通じは3分以内で済む。それ以上かかりそうなときは、力ずくで全部出そうとせず、次の便意が来たときに再チャレンジを。便意があるのに排便をがまんすると便秘になりやすいので、すぐにトイレへ。

  • 3.座りっぱなし立ちっぱなしを避ける

     座りっぱなし、立ちっぱなしはお尻のうっ血につながる。仕事柄、どちらかに偏りがちな人は脚のむくみを目安に姿勢を変えよう。少し歩いたり、脚のストレッチやマッサージを行い、血流を促そう。

  • 4.お尻を温めリラックスする

     体を冷やすと血行が悪くなったり、免疫力が低下したりする。特に冬場は、できるだけ湯船につかって温まるのがお薦め。お腹の冷えによる下痢も予防できる。温まると心身の緊張が緩むので、切れ痔の痛み緩和にも効く。

出血や痛みには市販薬、タイプ別漢方薬で治ることも

 痔に使える市販薬の主な作用は、止血と便通の改善だ。今ある症状に体質を加味して選ぶ漢方薬と、症状だけで選べる西洋医学の軟膏や座薬、便秘薬などがある。医療機関を受診した場合も、軽症から中等度の痔であれば、これらの薬が処方される。

 「いぼ痔の出血には槐角丸(かいかくがん)、便通を整えながらいぼ痔のうっ血をとりたいときは乙字湯(おつじとう)。血行の悪さがある人には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)。加えて便秘もある人には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)を処方することが多い」と山口院長は話す。

 頑固な便秘には、マグネシウムの浸透圧作用で腸管に水を引き出す塩類下剤もよく効く。

 一方、成城漢方内科クリニックの盛岡頼子院長は「暑がりでのぼせがある人の痔出血には、熱を冷ます黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、貧血ぎみで冷え性の人の痔出血には芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)がいい」という。

 脱肛ぎみの人には、不足したエネルギーを補うことで下垂感を止める補中益気湯(ほちゅうえっきとう)が効果的。

 体力が低下したあな痔の人には、膿を出すパワーを補うとともに組織再生を促し、治りを良くする千金内托散(せんきんないたくさん)がお薦め。

 切れ痔や、外痔核の血豆の痛みにはステロイド軟膏がいい。

 いずれも1週間ほど使ってみて効果が得られなければ、肛門科で診察してもらおう。

表1◎ 痔のタイプ別漢方薬と市販薬
痔の症状全般乙字湯
(おつじとう)
肛門の湿った熱をとる薬。下剤の配合が少ないので軽い便秘の人に。
槐角丸
(かいかくがん)
軽い炎症やうっ血による痔の症状を緩和する中医学処方。止血効果に優れる。下剤成分は含まない。
冷え&出血芎帰膠艾湯
(きゅうききょうがいとう)
痔出血が繰り返し起こる貧血ぎみの人に血を補いながら止血する。
うっ血・便秘桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
血行の悪さを改善することで体調を整える薬。下剤成分は含まない。
桃核承気湯
(とうかくじょうきとう)
体力があって便秘する人の血行を良くしながら便を軟らかくする。
のぼせ&出血黄連解毒湯
(おうれんげどくとう)
のぼせてイライラし、焦燥感の強い人の熱を冷まし出血を止める。
脱肛補中益気湯
(ほちゅうえっきとう)
疲れて内臓を保持する力が弱った人に元気をつけ下垂感を止める。
あな痔千金内托散
(せんきんないたくさん)
体力をつけて体の中から膿を出し、皮膚や粘膜の炎症を鎮める薬。
便秘排便を促す塩類下剤
痛み・腫れステロイド配合外用剤
夜中に肛門に激痛が走る「消散性肛門痛」って?
夜中に突然、お尻が痛くて飛び起きた経験はないだろうか。これは消散性肛門痛(しょうさんせいこうもんつう)と呼ばれる。人口の8~18%に起こる珍しくない症状だ。野村院長によると、筋肉の緊張をとる芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)がよく効く。経験者は常備しておくと安心だ。お風呂でリラックスするのもケアと予防に効果的という。

切らずに治せて術後もラク 痛みの少ない“日帰り”の根治法も

 薬で症状を抑えられない痔は、外科治療の対象になる。とはいえ、必ずしも切る必要はない。

 例えば内痔核。「あまり大きくなく軟らかい内痔核は根元をゴムで縛って壊死させる『ゴム輪結紮(けっさつ)』。脱出する大きな内痔核は、薬剤を注射して縮小させる『ALTA』で、根治に近い効果が得られる」(山口院長)。

 ただし、ゴム輪結紮やALTAは外痔核には使えないため、「内痔核と外痔核がひとかたまりになっている場合は、外痔核を歯状線の少し上まで、止血効果が高く傷跡もきれいな超音波メスで切るか、糸で分割して縛る方法を併用する」と野村院長。

 術後の痛みは少なく、受けた翌日から普段の生活に戻れる。

 ALTAを行うと内痔核の縮小につれ外痔核が引き上げられるので、その効果を見てから外痔核の切除を決める手もある。

[画像のクリックで拡大表示]

 切れ痔の手術は、肛門が狭まり排便後の痛みが持続する場合が対象。主に関西地方で普及している日帰り手術として「振り分け結紮」がある。「炎症で硬くなった組織を糸で縛って壊死させ、新しい組織を出す方法。潰瘍化した切れ痔の傷が治りやすくなる」と野村院長。

[画像のクリックで拡大表示]

 あな痔の手術は瘻管(ろうかん)のある部位により異なるが、野村院長によると、瘻管が括約筋の間を下に伸びる最も一般的なあな痔は、すべて「シートン法による日帰りの根治手術が可能」という。

 瘻管に細いゴムひもを通し体の外で結ぶ方法で、ゴムひもを異物と見なし排除しようとする体の働きで、ゴムひもの上のほうから組織修復が促されるとともに、下側の組織が徐々に切り離されていく。「化膿菌の温床になる血液や滲出液(しんしゅつえき)を体の外に出すことも同時に行えるのが優れた点」(野村院長)。一定の間隔で通院し、ゴムひもを締める必要があるが、その間、ゴムの違和感などは特にないという。

[画像のクリックで拡大表示]

(取材・文:小林真美子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2015年3月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)