日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > そのイライラ、うつうつはPMS(月経前症候群)?
図2◎ 月経周期における女性ホルモンの分泌量と基礎体温の変化
排卵の3日くらい前からプロゲステロンの分泌量が増加する。いったん下がったエストロゲンの分泌量が再び上昇する頃、プロゲステロンの分泌量がピークに。ここで妊娠が成立しないと、両者の分泌量は減少し、PMSの症状が現れる。

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.