日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 冬の乾燥期に悩まされる肌のかゆみを何とかしたい!  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

冬の乾燥期に悩まされる肌のかゆみを何とかしたい!

体の洗い過ぎをやめると治ることも多い

 荒川直樹=科学ライター

ナイロンタオルのゴシゴシ洗いがかゆみの一因

 例えば、オヤジが風呂で体を洗うとき。ナイロンタオルにせっけんかボディソープをたっぷり付け、仁王立ちになって全身をゴシゴシゴシ…。菊池院長によれば「冬、体が乾燥しがちな人、かゆみのある人は、絶対にやってはいけない」という。肌の乾燥によるかゆみのある人にとっては「洗い過ぎ」になってしまうからだ。特に最近のボディシャンプーは洗浄力が強いので、たくさん付けて強くこすると、皮膚のバリア機能をどんどん奪い取ってしまうことになりかねない。また、熱いシャワーを当ててかゆみを取ろうとする人もいるが、これも皮脂が取れてしまうので避けるべきという。

[画像のクリックで拡大表示]

 菊池院長は「汗をかかない季節の毎日のケアは、毛髪を必要最小限のシャンプーで洗った後、手に低刺激の石鹸を少しだけ取り、わきの下や股間など匂いのある汗を分泌するところだけを洗う。後は全身をシャワーなどで洗い流すだけで十分」と話す。これだけでも清潔を保てるし、全身をこすって洗うのは、冬の間はまったく必要ないそうだ。

 実際、体を洗う習慣を変えるだけでも、手足の乾燥やかゆみが劇的に改善することが多いと菊池院長はいう。軽度の乾燥の場合は、念のために保湿クリームを塗っておこう。コンビニで売られているファミリー向けのクリームやワセリンなどで十分だが、かゆみを伴う場合は、ドラッグストアなどで保湿作用の強い成分を配合したクリームなどを塗るといい。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.