日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 好感度・存在感も倍増?! 3週間でできる“猫背”解消テクニック
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

好感度・存在感も倍増?! 3週間でできる“猫背”解消テクニック

「肩ねじり」「バルーンストレッチ」など簡単エクササイズで解決

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

事務機器メーカーに勤める38歳。背も175センチはあるし、顔だってそこそこ…。営業成績は常にトップ5に名を連ねるなど、努力だってしている。それなのに、なぜか目立たないオレ。部長に呼ばれるときは、いつも「そこの君」。出張のお土産をオフィスの女子に渡すと「出張行ってたの。気づかなかったぁ」だ。取引先が「やあっ」って最初に声をかけるのは、後輩だったりする。最近、その理由が分かりかけてきた。見るに見かねた妻に「男なんだから、胸はって堂々としてよ」と言われたのだ。つまり猫背で肩をすぼめているのが、地味~なオレの原因なのか。どうしたらいい姿勢を保つようにできるのだろう。
(イラスト:川崎タカオ)

 人の外観のイメージに姿勢は深く関わっている。背筋がピンと伸び、胸を張って歩いている人は、外向的でポジティブ。肩が落ち、背中を丸めている猫背の人は、内向的なイメージを持たれがちだ。

 自分は大丈夫と過信してはいけない。姿勢は年齢とともに変化する。仲野整體東京青山の仲野孝明院長は、「若いうちは良い姿勢を保っていても、仕事勤めなどで運動不足が続くと猫背になってくることが多い」と話す。

 しかも、その変化に自分は気づきにくい。身近な人に言われたり、スーツを仕立てるときに指摘されたりして初めて気づくという。仲野院長は「姿勢の矯正は、年を取るほど時間がかかる」と話す。いつまでもビシッとした男でいるためにも、若いうちから姿勢改善に取り組みたいものだ。

猫背は生活習慣の積み重ねで起こる

 猫背は生活習慣の積み重ねで起こる。仲野院長は「現代のオフィスワーカーにとって、1日のうちで最も長く過ごす時間は椅子の上。そのときに姿勢が悪化することが多い」と話す。人間は、立って歩き回るときは、自然と背筋が伸びて背骨がS字状にカーブした正しい姿勢になる。そうでないと体が上手く使えないからだ。

 それなのに、オフィスの椅子に座ったときは、パソコンの画面をのぞくために、頭が前に垂れ、キーボードを操作するために、肩がすぼめられて腕が前に出る。さらに骨盤の座骨が後ろ側に倒れて、背骨が丸くなる。典型的な猫背の姿勢といっていいだろう。

 最初は、座っているときだけの一時的な変化だが、やがて立って歩くときにも肩がすぼめられて、背中が曲がった「ゾンビ」のような歩き方になる。こうした状態になると、イメージが悪いだけではなく、上手な体の使い方ができず、「体が重い」「運動が下手になった」「ケガをしやすくなった」といった症状を示すようになる。また「頑固な肩こり」「背中や腰の痛み」といった関節の痛みだけでなく、「疲れやすい」「血圧が下がりにくい」「夜によく眠れない」といった全身症状も出てくるから要注意だ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.