日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた

これって「LOH(ロー)症候群」? 推定患者数は600万人との報告も

 荒川直樹=科学ライター

過剰なストレスがテストステロンを減らす

 知らない間にLOH症候群になるのを防ぐにはどうしたらいいのか。堀江教授は「最も重要な発症要因はストレス。毎日の、仕事のストレスを振り返り、仕事量が過剰でないか見直す必要がある」と話す。40代から60代にかけては、男の人生の「仕上げ」の時期。ついつい無理をしてしまいがちだが、逆に体はどんどんストレスに弱くなっていく。十分な休息や睡眠を取ることを忘れていると、テストステロンの分泌量が減り、LOH症候群になりかねない。堀江教授が示す以下の10カ条を参考に、生活改善を心がけよう。

男性ホルモン値を上げる10カ条
1男性ホルモンの大敵、過度の緊張を和らげよう
2積極的にゆとりのある生活を送ろう
3食事を大切に
4忙しいときこそ短時間でエクササイズ
5良い睡眠をとろう
6仲間を大切に
7無理しておしゃれをしよう
8凝り性になろう
9大声で笑おう
10目標を持とう。冒険をしよう。わくわくしよう
堀江重郎著『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)をもとに編集部が作成。

 堀江教授は「女性の閉経期に訪れる更年期障害は多くの場合、時間とともに回復するが、男性の場合、待っていても回復しないことがある。重症の場合、医師と相談したうえで、男性ホルモンを注射で補充するなどの治療が必要なこともある」と話す。

 ホルモン補充療法は、減少したテストステロンを医薬品で補う治療だ。欧米では、軟膏やゲルなど自分で使用できる医薬品も登場しているが、現在の日本の保険医療では注射治療しか行えない。症状に応じて、2週間から4週間ごとに注射を繰り返す。欧米で用いられているゲル製剤を輸入して処方してくれる医療機関もあるが、保険対象外となるため全額自費治療となる。このほか、堀江教授らの研究グループは勃起不全(ED)の治療に使う「PDE5阻害薬」という薬剤を少量飲み続けることで、体内のテストステロンの量を増やせることを発見。現在、臨床研究も進められている。

 最近では、LOH症候群を診断するためにテストステロン値や骨密度などを測定すると同時に、精神的なカウンセリングなどを行う専門外来を設ける医療機関も増えている。症状が重くなる前に相談することをお勧めする。

(次回は、人前での発言を苦手とする社交不安障害に関するお悩みに答えます)

堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科 教授
堀江重郎(ほりえ しげお)さん 1985年、東京大学医学部を卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学・主任教授に就任。12年から順天堂大学医学部泌尿器外科学・教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会副理事長。一般向けの著書に『ヤル気がでる! 最強の男性医療』(文藝春秋)、『男性の病気の手術と治療―診察室では聞けない前立腺・ED・がんの心得』(かまくら春秋社)などがある。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.