日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた

これって「LOH(ロー)症候群」? 推定患者数は600万人との報告も

 荒川直樹=科学ライター

 出世のためなら手段は選ばない。金曜の夜遅くまで飲んでも、次の日のジム通いは欠かさない。バイタリティーにあふれていたオレだが、46歳のときに異変が。休日に、何かするのがおっくうになり、大好きだったトレーニングやゴルフの打ちっ放しもご無沙汰。最近では、朝起きても頭がボーッとして新聞の内容が頭に入らない。会議でも集中力が低下し、部下の報告にツッコミが入れられない…。いったいオレの体に何が起こっている。
(イラスト:川崎タカオ)

 中高年男性を襲う、急な気力の低下。その原因は、体内の男性ホルモンの低下によるものかもしれない。症状が女性の更年期障害に似ているため、かつては「男性更年期障害」と呼ばれることが多かったが、現在では専門家は「LOH(ロー)症候群」=加齢男性性腺機能低下症候群と呼んでいる。患者数を600万人と推定する報告もあり、人ごとではない。

 男女の違いを作り出している性ホルモン。男性ホルモンにはいくつかの種類があるが、最も代表的なものが「テストステロン」だ。テストステロンには、性機能を維持するほか、「筋骨たくましい体をつくる」「声を低くする」「ヒゲや体毛を濃くする」など、肉体への作用があることはよく知られている。

 それに対して最近注目されているのは、テストステロンが精神状態や行動に及ぼす影響だ。順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科の堀江重郎教授は「テストステロンは、男性が他者と共存し、その中で自分を表現するという『社会性』において大きな役割を果たしていることが分かってきた」と話す。

「男前」な生き方を支えているホルモン

 例えば、ケンブリッジ大学の研究者が2008年に発表した報告では、ロンドンの金融街のトレーダーのテストステロン値は、儲けが出た日ほど高かった。このことから「テストステロンが多く出ている日は、大きな勝負に出やすいのではと専門家は考えている。堀江教授は「このほかテストステロンは、経済活動において『ズルをしない』など公平な行動を促したり、大災害時の被災者への支援など、弱者を助けようという気持ちを高めたりする作用も持っている」と話す。

 マッチョな体を作るだけでなく、「男前」な生き方を支えているホルモンでもあるテストステロン。だが健康な人でも、年齢とともにその分泌量は減り続け、70代に入ると気力低下などをもたらす可能性が高くなる。

年齢とともにテストステロンは減り続ける
[画像のクリックで拡大表示]
20~30歳の男性の血中の遊離型テストステロンを基準(YAM値)としたときの、20代から70代までの数値を世代別にグラフ化した。20歳前後をピークに、40代は90%、50代は80%以下に下がっていた。 出典:堀江重郎著『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)

 しかし、40代、50代でも精神的ストレスを強く感じている状態などが続くと、脳から性腺に対して「テストステロンを放出せよ」という指令がうまく伝わらなくなり、急激にテストステロンの分泌量が減ってしまうことがある。これがLOH症候群(血中の遊離型テストステロンの値が8.5pg/ml以下)で、以下のような症状が次々と現れるのが特徴だ。

LOH症候群の症状
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.