日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > いつ受診すべき? 悩ましきED治療デビュー  > 2ページ
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

いつ受診すべき? 悩ましきED治療デビュー

まだ大丈夫! でも不安。なにより男のプライドが…

 荒川直樹=科学ライター

EDかどうかは「国際勃起機能スコア」などで診断

 結論からいえばOKだ。堀江教授は「勃起の持続など機能に基づく診断基準はあるが、最も重要なことは、本人およびパートナーの満足度といえる」と話す。一般に、日本人の夫婦は、子供がある程度成長してしまうと、セックスをマストと考えなくなる傾向がある。それに対して、西欧社会ではセックスが無いことは離婚の重要な原因となる。

 夫婦それぞれで温度差はあるが、いくつになってもセックスは夫婦の絆を強めるコミュニケーション手段。もし、勃起力の低下がもたらす不安によりセックスを楽しく感じられなかったり、夫婦のコミュニケーションを損ねているとしたら、気軽に専門家に相談してほしい。

 心配なのは、病院でどのような診察が行われるのかということ。しかし、いきなり外来の診療室でパンツを脱がされ「さあ勃起してみてください」なんて言われることはない。その代わりに行われるのがIIEF(国際勃起機能スコア)による診断。現在では、地域の診療所を含め多くの医療機関で採用している問診票だ。「勃起してそれを維持する自信はどの程度ありましたか」、「どれぐらいの頻度で性交に満足できましたか」など、5つの項目について5段階で評価。IIEFの満点は25点。21点以下で「EDが疑われる」とされる。

 筆者の知人で、40~50代の男性5人にやってみてもらったところ、「幸い」というか「残念ながら」というか、3人は21点以下となり、「うーん、懐の深いプログラムだ」とつぶやいた。なお、IIEFに基づく自己診断プログラムは、製薬企業などがWebサイトで公開している。「ED セルフチェック」「ED 診断基準」といったキーワードで検索すれば、すぐに試してみることができる。こっそりと調べてみてもらいたい。

 なお病院では、このIIEFに勃起の硬さ指標(EHS:下図)などを組み合わせて総合的に診断する。

「その硬さ」どのくらい? 勃起の硬さ指標(EHS)
EHSは米国で開発された自己診断指標。グレード1~3の状態なら専門家による治療での改善が見込まれる。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.