日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > いつ受診すべき? 悩ましきED治療デビュー
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

いつ受診すべき? 悩ましきED治療デビュー

まだ大丈夫! でも不安。なにより男のプライドが…

 荒川直樹=科学ライター

  妻によると「技術点」はいまひとつのようで、「元気」だけが自慢だった夜のオレ。ところが最近、持続力の低下が著しい。メールの着信音が鳴っただけでシュンとなることも。最新のED治療について相談したいが、看護師さんの前でパンツ脱ぐことになるかもと思うとためらってしまう。EDの診断で行われることを詳しく教えてほしい。かつてのパワーを取り戻し、「歳なんだから演技構成点で頑張れば」と見下す妻を見返したい。
(イラスト:川崎タカオ)

 年齢とともに「いつかは自然に訪れる」症状。それが「勃起力の低下」だ。ED改善薬を使った治療法があることは何となく知っているが、なかなか認めたくない。それが「オトコのプライド」に関わっているからだ。そして、「仕事が忙しく、ストレスがたまっているから」「最初はちゃんと硬くなるし、フィニッシュできる」「妻も淡白だから」「もう子供は2人いるし」などといって、問題を先送りしがちだ。

 それに対して順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科の堀江重郎教授は、「EDとは、陰茎を勃起させる海綿体へ血液を送り込む機能が低下した状態。いわば血管の病気」と話す。勃起に関わる血管は細いので、40代前半以降になると動脈硬化などのサインとして症状が現れ始める。性病のように、ちょっと後ろめたい気持ちを感じる必要もないし、若さの喪失を示すわけでもない。堀江教授は「医師のアドバイスと治療を受けることで、生活の質全体を高めることにもつながる」と話す。

 では、どんな状態の時に「もしかしたら自分もEDかも」と疑い、病院のドアを叩けばいいのだろうか。例えば、中高年になれば誰にでも生じるのが、セックスの最中に勃起度が低下してしまう「中折れ」が起こるものの、最終的には満足して終えることができるという状況。最初から最後までフルスロットルだった若い頃を考えると、なんだか寂しくなってしまうが、こんな程度でも相談に乗ってくれるのだろうか。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.