日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 目標は美女とマラソン!…も、ひざに痛み。解消法を教えて  > 3ページ
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

目標は美女とマラソン!…も、ひざに痛み。解消法を教えて

「ランナー膝」と中高年ランナーの「ひざ痛」の大きな違い

 荒川直樹=科学ライター

関節を支える筋肉を鍛える

 体力自慢の中高年ランナーにありがちなのは、自分自身の筋力を過信していること。膝関節の負担の少ない、正しい走りをサポートしてくれるのは中臀筋、内側広筋、大腿四頭筋などの筋肉だ。秋山院長は「このうち中臀筋、内側広筋はちょっとした運動不足で筋肉量が落ちやすく、鍛えようとしてもなかなか付きにくい」と話す。無理な走り込みで筋力をつけようとすると逆に故障の原因になる。

 秋山院長が薦めるのは、下図のような家庭でもできるトレーニングで筋力アップを図ることだ。このうち中臀筋は体軸のふらつきを防ぐ重要な筋肉。片足で立ってみたとき、すぐにふらついて倒れてしまうようなら中臀筋が衰えているサインだ。図に示したトレーニングのほか、市販のバランスボールなどを利用してもいい。また、内側広筋を鍛えるには膝のすぐ上あたりにボールを挟む運動がよい。ボールは、バレーボールより小さめぐらいがよく、100円ショップで売られている子供用ボールも案外使いやすい。

ひざの関節をサポートする筋肉を鍛えるエクササイズ
(1)中臀筋を鍛えるエクササイズ 上げた右腕が下側になるように、左腕で体を支えて、床の上で体を横向きにする。その状態で左足を30cmほど上げ10秒静止。10回を1セットとして、3セット行う。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)内側広筋(ももの内側)を鍛えるエクササイズ 床の上に両脚を真っ直ぐ伸ばして座り、両脚のももの間に挟んだ直径15cm程度のボールを凹ませるように、10秒間ももに力を入れる。10回を1セットとして、3セット行う。
[画像のクリックで拡大表示]

格好つけずに自分に合ったシューズを

 高価なクラブが必要なゴルフと違って、ランニングにとりあえず必要なのはシューズだけ。ついついアスリートが使っているような「憧れのシューズ」に手を出してしまいがちだが、秋山院長によれば、それもひざトラブルの元。

 「アスリートは、走りの衝撃を最小限にする体の動きが身についているため、クッション性が少ないシューズを履いている。そうでない初心者は、やはりクッション性の優れたタイプのシューズを選ぶ方がよい」と秋山院長は話す。シューズは、専門的知識を持つ店員のいるショップで選ぶといいだろう。また運動用品メーカーが開催するランニング・クリニックに参加し、相談してみるのもいい。クリニックではO脚気味のひざの負担を減らすインソールなどのアドバイスもしてくれる。

 「高価なシューズを長期間履くよりは、お手頃のものを定期的に買い換えた方がいい」と秋山院長。シューズの踵は走り方のクセによって左右などに偏ったすり減り方をするが、それがフォームを崩すことにつながるからだ。

準備運動と早めのケアが故障を予防する

 秋山院長の最後のアドバイスは、「ウォーミングアップ」と「クーリングダウン」を忘れないようにすることだ。走ることがウォーミングアップと勘違いしている人もいるが、走る前にしっかりとストレッチなどで筋肉を柔らかくしておこう。また、走り込みで筋肉や関節に「痛み」「違和感」などを覚えたら、「走りを終えてすぐにアイシングをするのが基本」と秋山院長は話す。

 痛みは、ランニングのフォームなどのどこかに問題があることを知らせるサインだ。「地域のスポーツトレーナーやランニングクリニックで相談し、走りを一歩ずつ改善していくことが、生涯楽しく走れる体を作ることにつながる」と秋山院長は話している。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.