日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > メガネなしは魅力だけど…中高年からのレーシック手術の注意点  > 2ページ目

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

メガネなしは魅力だけど…中高年からのレーシック手術の注意点

近視・遠視・乱視に対応、ライフスタイルに合わせて視力を調節

 荒川直樹=科学ライター

角膜の形を変えて屈折矯正する手術

 私たちの眼の構造をカメラに例えた場合、レンズの機能は眼の表面から順に角膜、水晶体、硝子体などが受け持っている。そしてレンズ効果のもっとも高いのが、丸いドームのような角膜だ。角膜の丸み(カーブ)が強くなると、外から入ってくる光の像は、カメラのフィルムに相当する網膜よりも前に焦点を結ぶようになり(近視状態)、逆に角膜が平らになると網膜より奥で焦点が結ぶようになる(遠視状態)。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り1690文字 / 全文2980文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.