日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?

冷たい…、恥ずかしい…、クリーニング代もバカにならない!

 荒川直樹=科学ライター

“肛門閉め体操”でちょび漏れ対策を

 対策は、まずは落ち着いてしっかり尿路のオシッコを出し切ること。高橋主任教授は「男性には尿路に残ったオシッコを絞り出すための球海綿体筋(きゅうかいめんたいきん)がある」と話す。男性が射精するとき、精液を勢いよく放出する役割も果たしている筋肉だが、オシッコの後には誰でも無意識に収縮させている。陰茎部の裏側の根本付近に指を当てて、肛門を閉めるように力をこめると筋肉が動くのを感じることができる。

球海綿体筋が衰えるとちょび漏れが起こりやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]

 加齢とともに前立腺肥大が進むと、球海綿体筋の機能が衰え、頻繁な「ちょび漏れ」の原因になる。「肛門を閉める運動を4~5回を1セットとして行い、1日では全体で60回から80回やると衰えを抑えられる」(高橋主任教授)という。

股上の浅いズボンは危険!

 オシッコの仕方や衣服も「ちょび漏れ」と関係がある。オシッコをするとき陰茎部の根本が上を向いていると、その部分に尿が溜まってしまうことがある。とくに股上が浅いズボンなどでは、ペニスを引き上げるようにしてオシッコするので「ちょび漏れ」を起こしやすい。

 最近増えている「前開き」のないボクサーパンツも、同様に「ちょび漏れ」の原因となりやすい。高橋主任教授は「ズボンをしっかり緩めて、楽な姿勢で排尿することが、こうした尿漏れの対策になる」と話している。

 最近、男性の少量の尿漏れに対応する吸水ガードも市販されている。ボクサーパンツなど下着の内側に貼るだけで、50cc程度まで吸水すると同時に消臭するという製品。薄手なので、着替えているところを人に見られても気づかれない。恥ずかしい「ちょび漏れ」で悩んでいる人は試してみることをお薦めする。

 男性なら平均して1日に5~6回は行くオシッコ。年齢とともに、さまざまなオシッコの「お悩み」が出現する。「トイレにいってもなかなか出ない(前立腺肥大症)」「会議の途中で我慢できないほどの尿意を感じる(尿意切迫感)」「トイレまで我慢できないことが増えた(尿失禁)」などの自覚症状がある場合は、専門医による治療が必要になる可能性も。そんなハードなお悩みについては、また改めて詳しく紹介する予定だ。

高橋 悟(たかはし さとる)さん
日本大学医学部泌尿器科学系 主任教授
高橋 悟(たかはし さとる)さん 1985年、群馬大学医学部を卒業。東京大学医学部附属病院、米メイヨークリニックなどの勤務、東京大学医学部助教授を経て、2005年より現職。2003年には、天皇陛下の「前立腺がん」の手術を担当する医療チームに加わった。排尿関連のトラブルでは、日中や睡眠中に突然の強い尿意におそわれる「過活動膀胱」や、排尿障害を引き起こす「前立腺肥大症」などの治療を多く手がけている。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.