日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?

冷たい…、恥ずかしい…、クリーニング代もバカにならない!

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

  会議前に慌ててトイレに行ったとき。「いちもつ」が縮こまるほど寒いとき。トイレを出た瞬間、股間に広がるジワッと冷たい感触。慌ててズボンを見ると太もものあたりに点々とシミ出ている。同僚や若い女子社員に見つからないように、会議資料などで股間を隠しながら歩く…。年齢に関係なく、男なら誰でも経験したことのあるオシッコの「ちょび漏れ」。なんで起こるのだろう。どうしたら防げるのだろう。
(イラスト:川崎タカオ)

 なぜ「ちょび漏れ」が起こるのか。日本大学板橋病院泌尿器科の高橋悟主任教授は「男の泌尿器の構造を見ると、その理由がよく分かる」と解説する。まず体内で尿を溜める役割を果たしているのが膀胱(ぼうこう)だ。膀胱内に尿がたくさん溜まると、脳に「オシッコがしたい」と信号が伝わる。トイレに行って排尿の準備が整うと、膀胱が収縮すると同時に尿道括約筋(にょうどうかつやくきん)が緩んでオシッコが放出されるというわけだ。

「トイレに行った直後」が圧倒的多数

 では尿道括約筋が「ちょび漏れ」の原因なのか。たしかに、加齢によって尿道括約筋など膀胱を支える筋肉の働きなどが弱ってくると、ちょっとした刺激によって軽度の尿失禁、いわゆる尿漏れが起こることがある。中高年女性では「せきやくしゃみをしたとき」「重いものを持ったとき」などに尿漏れが起こるし、男性でも年齢が進むとこのタイプの尿漏れは多くなる。しかし、「ちょび漏れ」のメカニズムはちょっと異なる。中高年だけでなく20代でも起こるし、起こるきっかけは動作などとは関係がなく「トイレに行った直後」が圧倒的だ。

 尿道括約筋がきちんと機能しても、男性の尿路は女性と比べて長いので、尿路にオシッコが残りやすい。それが排尿後に漏れてくる。「そのため、専門家は尿失禁とは呼ばず『排尿後の尿滴下』と呼ぶ」と高橋主任教授は話す。女性の尿漏れと比較して、量も1回小さじ1杯(5cc)程度と少ないが、それでも薄いグレーのスーツなどを着ているときは、シミがはっきりと目立ってしまう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.