日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 50代で尿漏れ、叔父は前立腺がん…もしかして自分も?
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

50代で尿漏れ、叔父は前立腺がん…もしかして自分も?

PSA検診で前立腺肥大か、前立腺がんかを見極め

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

事務機器メーカーに勤務する52歳。ここ10年ぐらい風邪もひいたことがないほど丈夫なのがとりえだが、近頃カラダの悩みができた。オレの「前立腺問題」だ。まず、最近、オシッコをするのに時間がかかるようになった。排尿後にも、なんだかオシッコが残っている気がするときもある。また、先日は朝起きて体操しているときにオシッコがごく少量漏れてしまい、本当に落ち込んだ。恥ずかしいという気持ちもあるが、自分の叔父さんを前立腺がんで亡くしていることから、まさか自分も…と思ったからだ。少しの尿漏れならいいけど、まだがんで死にたくない。前立腺の病気の基礎知識を教えて。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 前立腺は、男性の体にだけ存在するクルミ大の生殖器だ。膀胱の真下にあり、尿を排泄する尿道を取り囲むように存在している。前立腺の役割は、まだ解明されていない部分も多いが、まずは精液の一部である前立腺液の分泌。そして射精や尿の排泄にも関与している。

 オトコにとっての問題は、この前立腺が、年齢とともに大きくなる傾向があることだ。さまざまな理由で亡くなった人の前立腺(摘出標本)を病理検査で調べた臨床研究によると、50歳の人では約30%、60歳の人では約60%、70歳の人では80%で肥大が認められた。

前立腺が大きくなると尿道が圧迫される
[画像のクリックで拡大表示]

前立腺肥大は、さまざまなオシッコ問題を引き起こす

 そして、肥大しはじめた前立腺は、年齢とともに、さまざまな「オシッコ問題」を引き起こすことになる。順天堂大学医学部泌尿器外科の堀江重郎教授は「代表的な症状は、肥大した前立腺が尿道を圧迫することで尿の出が悪くなる排尿症状、尿を溜めることに問題のある蓄尿症状、排尿後に起こる排尿後症状に分けられる」と話す。50歳代ともなれば、以下の症状に覚えがある人も多いだろう。

加齢により現れる代表的なオシッコ問題
排尿症状尿が出にくい
尿の勢いが弱い
排尿するとき、お腹に力をこめる
蓄尿症状尿が近い
夜間、排尿のために起きる
尿がもれる
排尿後症状排尿後に膀胱に尿が残った感じがある
排尿後に下着をつけると少量の尿が漏れる

 これら前立腺肥大の症状は、最初は「ちょっと困ったな」ぐらいの症状でも、少しずつ悪化が進むことが多い。ひどくなると、「宴会で酒を飲んだとき」「風邪薬、咳止めなどの医薬品を使用したとき」などがきっかけで、突然オシッコが出なくなる「尿閉」が起こり、救急車で病院に運ばれることもある。ここまでくると場合によっては手術治療が必要になる。

 排尿に1分近くかかるといった排尿症状に、映画を鑑賞するくらいの時間でもオシッコを我慢できないといった蓄尿症状が重なるようであれば、早めに泌尿器科で相談し、自分の病状を正確に診断してもらうことが大切だ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.