日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 爪水虫にボロボロ踵(かかと)、こんな足じゃ彼女ができな~い  > 2ページ目

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

爪水虫にボロボロ踵(かかと)、こんな足じゃ彼女ができな~い

市販薬では治療不可。最新医療で美足を目指すべし!

 荒川直樹=科学ライター

治ったはずの水虫が慢性化することも

 水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)は、カビ(真菌)の仲間であることはよく知られている。私たちの皮膚の表面は、医学的に見ると死んだ皮膚の細胞が集まってできた「角層」でできているが、白癬菌はこの角層のなかで生きる病原体だ。

 白癬菌は、水虫患者の足から垢(細かく崩れた角層)とともに落ち、プールの更衣室の床、健康ランドの足ふきマット、居酒屋の共用サンダルなどに潜む。そして、運良く!?誰かの足の角質層に侵入した白癬菌は、菌糸を四方に伸ばし、やがてあの「かゆ~い」症状の水虫となるのだ。

 初期によくあるのは、足の指の間が赤く腫れて皮がむけグジュグジュになる、足の皮膚に小さくてかゆい水疱ができるといった自覚症状。前者を「趾間(しかん)型」、後者を「小水疱(しょうすいほう)型」と呼ぶ。誰でも「あっ水虫だ」と気づく典型的な症状である。

 これらは、2003年以降に市販薬としても発売された、新しいタイプの水虫薬(ネチコナゾール塩酸塩、アモロルフィン塩酸塩、ブテナフィン塩酸塩、テルビナフィン塩酸塩といった、処方薬と同等の成分が入っているもの)を塗ればよくなることが多い。しかし、治りにくいと感じたら、すぐに皮膚科を受診しよう。菊池院長によれば「一見水虫のようでも、汗が原因の『発汗異常性湿疹』(皮膚内での汗腺の詰まりによる湿疹)であることも多い」と話す。皮膚科では、顕微鏡を用いて角層に白癬菌がいるかどうかを確認し、適切な治療を行ってくれる。

 そして水虫の治療は「徹底的」が原則だ。菊池院長は「治ったと思って途中で薬を塗るのを止め、翌夏に再発することをくり返していると、症状が慢性化してしまう」と話す。

 慢性化が角層の厚い踵(かかと)などで進み、皮膚が白くボロボロになった状態が「角質増殖型」の水虫だ。また、爪は角層とは異なり、硬いタイプのケラチン(タンパク質)でできているが、そこに白癬菌が侵入すると「爪水虫」(爪白癬)となる。

「爪水虫」になった爪で確認された白癬菌
「爪水虫」になった爪で確認された白癬菌
(写真提供:菊池理事長)

 爪水虫になっても痛みやかゆみは感じないが、爪が白~黄色に濁り、表面がもろくボロボロになる。爪の先端から徐々に根元に向かって広がることが多いが、縦方向に線状にできることもある。やがて爪が分厚く変形し、爪切りで爪を切るのも大変になったりする。

爪水虫のチェックポイント
□爪が白か黄色に濁っている
□爪がもろく、粉状に砕ける
□爪が厚くて靴に当たって痛い
□爪が厚くて切りにくい
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.