日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 職場で人との関わりがおっくうに…男性ホルモンが減ってきたから?
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

職場で人との関わりがおっくうに…男性ホルモンが減ってきたから?

ホルモン補充だけでなく、自分の居場所を持とうとする行動がカギ

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

建設機械メーカーの営業部門に勤める48歳。ラグビーで鍛えた体力と根性でブルドーザーのように働いてきた。ボディビルが趣味でちょっと毛深いので「歩く男性ホルモン」なんて呼ばれたこともある。しかし、昨年あたりから、このホルモンパワーに異変があらわれた。疲れやすくなり、昼休みなどにボーッとしていることが多く、周囲からも「このところ覇気がない!」と言われてしまった。また、これまで早起きだったのに、寝覚めが悪く新聞を読む気力がない。そんなとき雑誌で目にしたのが男性ホルモンの低下で起こる「男性更年期障害」の記事。まさかと思ったが、よくよく思い起こしてみると、ここしばらく「朝勃ち」がない。飲み会で同僚と盛り上がるのも、何だかおっくうになってきた気がする。女性を口説く気力も消え失せた。ああ、このままオレの男性ホルモンは低空飛行を続けてしまうのか。誰か「ホルモン力」を回復する方法を教えてくれ。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 女性の場合、閉経期におこる性ホルモンの低下が、いわゆる更年期症状をもたらすことはよく知られている。男性にとって主要な性ホルモンであるテストステロンは、20代後半をピークに減少していくのだが、男性のテストステロン量は個人差が大きいうえ、なだらかに低下していくため、女性のような更年期はないと考えられてきた。

 しかし近年、男性も40~50代になると、ストレスなどが原因でテストステロンが急に低下し、心と体にさまざまな影響を与えることが分かってきた。病態についての研究も進み、LOH(Late-Onset Hypogenadism/加齢性腺機能低下)症候群と呼ばれるようになった。いわゆる男性更年期障害の正式な病名だ。

40代を過ぎたらミスター・ホンダにご用心

 どんな健康な人も、40~50代になれば、なんらかの不調を抱えるようになる。どんなときにLOH症候群を疑ったらいいのだろうか。順天堂大学医学部泌尿器外科の堀江重郎教授が紹介するのは「Mr. HONDAに気を付けろ!」というメッセージだ。

 もちろん特定の人物とは関係ない。LOH症候群に特徴的な症状を英語で示し、その頭文字をつなげると、以下に示すようにHONDAとなるのだ。もともとアメリカで救急医療用に作られた標語だったが、堀江教授が男性医学向けにアレンジした。

:hypertension 高血圧
:obesity 肥満
:nocturia 夜間頻尿
:depression うつ症状、diabetes 糖尿病
:arthralgia 関節痛

 例えば、40代以上で、「肥満気味で関節が痛く、元気が出ず、仕事も楽しくない」「運動がおっくうになり血圧高め」「夜、何回もオシッコで目覚めてしまい、朝がつらい」といった症状があれば、「Mr. HONDA」を疑うきっかけになると考えていいだろう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.