日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 営業マンは歯が命。黄ばんだ歯を真っ白にしたい  > 2ページ
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

営業マンは歯が命。黄ばんだ歯を真っ白にしたい

自宅でジェルを塗布して数週間でホワイトニング 

 荒川直樹=科学ライター

歯磨きしても歯の変色は取れない

 歯の色に不満を感じたとき、多くの人が挑戦するのがホワイトニング効果をうたった歯磨き剤を使うことだ。薬用ハイドロキシアパタイトという成分を含んだ歯磨きなどが代表で、歯の表面の汚れを落とすとともに歯の表面の再石灰化を促し、色を白く見せるというものだ。

 これらは歯表面の着色成分を落とすなど一定の効果はあるが、歯全体の色調を大幅に改善し、幼児の歯やテレビに登場する芸能人の歯のように白くすることはなかなか難しい。

 坪田院長は「そもそも、なぜ歯が黄ばむのか。そのメカニズムを知っていて欲しい」と話す。誰でも一度は聞いたことがあると思うが、歯は中心部に象牙質という比較的軟らかい部分があり、それを白く半透明な結晶構造を持ったエナメル質が覆っている。年齢とともに歯の色が変わるのは、飲食物によってエナメル質の内部が着色してくるだけでなく、じつは象牙質の色も変化し、半透明のエナメル質を通して、その色が見えるからなのである。

白い歯(左)と黄ばんだ歯(右)
[画像のクリックで拡大表示]
(左)歯の中心部にある象牙質を、白く半透明なエナメル質が覆っている。 (右)加齢とともに象牙質の色も変化し、半透明のエナメル質を通して、その黄ばんだ色が見える。

 だから表面のエナメル質をいくら磨いても歯全体の色調はそれほど変化しない。むしろ磨きすぎはマイナスだ。坪田院長は「早く白くしようと研磨剤の入った歯磨きをつけ過ぎて磨くと、エナメル質を薄くし色を濃く見せるだけだ」と指摘する。それ以外の歯磨きでも、磨きすぎは歯肉を退行させ見た目を老けさせるほか、知覚過敏などの原因にもなりかねない。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」NEW

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.