日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > クールビズで露出が増えた胸毛、スネ毛の対策法は?
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

クールビズで露出が増えた胸毛、スネ毛の対策法は?

中高年の男だってレーザー脱毛医療という手も

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 4月からコールセンターの業務統括担当になった46歳。派遣社員も多く服装はかなり自由だ。オレもクールビズをきっかけに、愛用のネクタイにおさらばしてオープンシャツを着用。「朝礼」のときに颯爽と披露したのだが、大半の女子スタッフがうつむきっ放し。呆然としていると、リーダー格の女子から「部長!ボタンは一番上までね」と叱られてしまった。襟元からのぞく「ちょっぴり自慢の胸毛」がここでは御法度だったのだ。しかも、休憩室の前を通ったとき偶然聞こえてきたのは「ホモ田部長、腕の毛もキモいよね」。ホ、ホモ田…?。オレは体毛で男らしさを誇示しているわけじゃな~い。

(イラスト:川崎タカオ)

 毛深い男達にとって「昭和」はパラダイスだった。銀幕のセックスシンボルといえば、ショーン・コネリーやバート・レイノルズなど。腕に蚊が止まろうものなら、剛毛に絡まって脱出不能になりそうな男達だ。日本のスーパースター、加山雄三や長嶋茂雄も胸毛がチャームポイントだった。

 それに対して平成の世では「暑苦しい」などと体毛は嫌われがち。女子高生からおばあちゃんまで、女性の人気を独占している男性アイドルたちは胸毛どころかスネ毛だってNGだ。そして、濃い体毛にコンプレックスを抱いている若者たちに人気なのが脱毛だというが、中高年のお悩み解決にもなるのだろうか。

「ツルツル」ではなく、「適度な脱毛」

 そこで脱毛治療を行っている銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長に尋ねてみると、「男性の脱毛は、医療技術の進歩もあり、ここ数年で広く社会的に受け入れられるようになりました。さまざまな年代の方が相談に来ます」という答えが返ってきた。しかも男性の場合、皆が「ツルツルにしたい」わけではなく、適度な脱毛で「毛を剃る手間を省き、肌荒れを防ぎたい」という目的のようだ。

 慶田院長は「例えば、ヒゲファッションにこだわっている男性は、毎朝、格好良く整えるのが大変です。そこで頬など、ヒゲが生えて欲しくない部分だけ脱毛処理することもあります」と話す。

 このほか、客と対面するサービス業、特に飲食店で接客を担当する男性が、客に不快感を与えたくないという理由から、腕の剛毛を少なくしたケースもあるという。そして、やってみると案外自分もスッキリしたりするのが脱毛。「私の夫もヒゲや体毛が濃く、かつてはとんねるずのコントに出てきた“保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)”みたいでしたが(笑)、脱毛が気に入ってしまい、現在ではツルツル人生を楽しんでいます」と慶田院長。さて男性向きの最新脱毛とはいかなるものか。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.