日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > だんだんひどくなる物忘れ、認知症との境目は?
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

だんだんひどくなる物忘れ、認知症との境目は?

朝1分のスケジュール会議でうっかり忘れを防止

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

アパレルメーカーの営業部門で働く49歳。最近、物忘れがひどくなったような気がする。昨年、他部門へ移動していった部下の名前が出てこない。「あの、ひょろっとした人」なんて言ったりする。自宅では、自動車のキーを置いた場所を忘れ、出かける前に大慌て。注意力も散漫になっているのか、左右違う靴を履いていたことも…。これぐらいなら笑ってすませるが、先日、急に入ってきた仕事に追われていたら、取引先との重要な会議の予定がスコーンと抜けてしまった。ギリギリで部下に指摘されて冷や汗ものだ。妻は「年のせいだからしょうがないじゃない」と気楽に話すけど、まだギリギリ40代。一度、病院で診てもらった方がいいのかなあ。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 大好きだった映画の女優や歌手の名前が出てこない。若い頃、夢中になったギターを久しぶりに出してきたが、曲をほとんど忘れている。バッグのどこかにしまったはずの手帳が見つからなくて、取引先でバッグをひっくり返すなど大騒ぎ……。こうした「物忘れ」は誰でも体験したことがあるだろう。

 東京医科歯科大学の朝田隆特任教授は「こうした物忘れのなかには、アルツハイマー病の初期症状など、『悪性』の物忘れが潜んでいる可能性がないわけではない。しかし、50代、60代でごく一般的な物忘れが増えてくるのは加齢によるものと考えていい」と話す。誰にでも起こるものだから心配したって始まらない。それよりも「早く自分の状態に気づき、生活や仕事でちょっとした工夫をすることで、さまざまな問題は解決できる」(朝田特任教授)という。

「エピソード記憶」が抜けたら要注意

 一言で物忘れといっても、その内容はさまざまだ。我々が経験する物忘れを医学的な分類ではなく、主な事例で示すと以下のようになるという。

(1)しまった(置いた)場所を忘れて探し回る

 帰宅後、カギを置いた場所を忘れ、出勤前にあわてて探し回る。大事な時計だからと丁寧に保管したのに、その場所を忘れる(しまい無くし)。

(2)スケジュールを忘れる(展望記憶)

 午前中、予期せぬ作業でてんてこ舞いしてたら、午後2時に会議があることをすっかり忘れてしまった。

(3)体験したことを忘れる(エピソード記憶)

 先月、法事で田舎に帰ったことをまったく覚えていない。数十分前に自分で家族に話した内容を覚えていない。

(4)今までできていたことができない(手続き記憶)

 すっかり覚えていたはずのピアノの名曲を思い出せず、途中から弾けなくなる。水泳が下手になったなど。

(5)適切な言葉が出てこない(語健忘)

 自分が体験したことを話そうと思っても、ふさわしい言葉がなかなか出てこない。好きだった歌手の名前が出てこないなど。

 こうした物忘れの多くは、誰もが1度は経験したことがあるだろう。日常生活や仕事に支障が出ない限り、それほど心配することはない。しかし、(3)のようにエピソード記憶がスッポリ抜け落ちてしまうケースは要注意だ。早めに専門医の診断を受けるべきだと朝田特任教授は話す。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.