日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > だんだんひどくなる物忘れ、認知症との境目は?  > 3ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

だんだんひどくなる物忘れ、認知症との境目は?

朝1分のスケジュール会議でうっかり忘れを防止

 荒川直樹=科学ライター

注意力を保つことが記憶上手のコツ

 さて50代、60代で、ときどき物忘れはあるものの、日常生活や仕事への悪影響はまったくないという人は、一般的な加齢変化と言っていいだろう。加齢変化というと「あきらめるしかないのか」と思うかもしれないが、そうではない。朝田特任教授は「物忘れの特徴を知ることで、自らの行動の欠点をサポートすればいい」と話す。

 例えば、人が何かを記憶するとき、まず脳の前頭前野という部分にあるワーキングメモリーに入る。そこで何かに注意し、これは覚えておこうと脳が判断したとき、記憶エリアに格納される。

 朝田特任教授は「最近では、何かを記憶するには、覚えておく力と同じぐらい、注意力が必要だということが分かってきた。例えば、重要な書類の入ったカバンを置くときは、自ら「ここに置く」と意識して、注意力を高めることが大切だ。また、印鑑、自動車のカギなど、日常的に扱うものは、つい何気なく置いてしまいがち。身のまわりを整理整頓して、「帰宅したらここに置く」と決めておき、日々注意するといいだろう。

 また、ビジネスマンは黒いカバンを使うことが多いが、そこに同じ色の黒い手帳などを入れておくと必要なときに探し出せず、「もしかしたら忘れてきたのでは」と慌てることも多いという。その場合は、手帳に明るい色のカバーをつけるなどの工夫が効果的だ。

脳力サポートで若い頃のパフォーマンスを

 スケジュールを忘れやすい場合は、手帳のスケジュール欄の書き込み方に一工夫するとよい。例えば、忙しいときは何日、何時の項目にただ「上野」と場所だけ書いてしまいがちだが、後で何の予定だか分からなくなってしまうことがある。朝田特任教授は「予定を記録する場合は、相手の名前や用件など、必ず2つ以上の言葉を書き入れると、たいがいのことは思い出す」と話す。

 2つ以上書くことが重要なのは、人間の記憶は芋づる式に思い出される特徴があるためだという。だから、打ち合わせで会った人の名刺には、ちょっとした容姿の特徴や、雑談に出てきたことなどを書き留めておくといい。それだけで次回会ったときの準備は万端だ。

 予定をすっぽかして恥をかかないためには展望記憶のサポートが必要だ。朝田特任教授が勧めるのは、朝、出社前なら家族と、出社後なら同僚と1分間程度のスケジュール会議をすること。それだけで手帳の内容のリマインドになる上、展望記憶も確実に強化されるという。

 そして、記憶力や集中力を向上させるために重要なのは、運動と瞑想だという。とくに有酸素運動がお勧め。普段運動しない人でも、週2~3回、20分ほどのウォーキングを行うといいだろう。

 朝田特任教授は「人間の注意力、記憶力を司る知的能力は風船のようなもの。年齢とともにそのキャパシティ(容量)が少しずつ低下していく。しかし、それを上手にサポートすれば、いつまでも若い頃と同じようなパフォーマンスを維持できる」とアドバイスしている。

朝田 隆(あさだ たかし)さん
メモリークリニックお茶の水の院長、東京医科歯科大学特任教授
朝田 隆(あさだ たかし)さん 1982年東京医科歯科大学医学部卒業。同大学神経科精神科勤務、イギリスオックスフォード大老年科留学、山梨医科大学精神神経科勤務、国立精神神経センター武蔵病院リハビリテーション部長等を経て、2001年より筑波大学精神医学教授。2014年より東京医科歯科大学特任教授。2015年4月より医療法人社団創知会 メモリークリニックお茶の水院長、筑波大学名誉教授。専門分野はアルツハイマー病の臨床一般、研究面では認知症の早期診断法・予防。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.